読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

デブ鰯と新さんまを食べ、サザンカンフォートのソーダ割りで〆る

デブな鰯を食べる 先日新さんまを食べることが出来たので、この日は鰯(イワシ)からスタート。北海道産、かなりの「デブ鰯」でした。もちろんお店は「かね吉」で、カメラもいつものRICOH GRになります。 秋刀魚も鰯も大きくて太いのが最高に旨いのですが、…

新さんま さよなら夏の日 秋はもうすぐ

新さんまの塩焼き 馴染みの店で「新さんまの塩焼き」を食べてきました。今年のさんまは例年の5分の1の漁獲量というニュースもありましたので心配していましたが、それ程驚くような値段でもありませんでしたので、まずまずの出足でしょうか。これからの好漁…

【駄】木曜日の居酒屋は比較的すいてると思われる件

何曜日に飲むか 毎日暑い日が続きますが、家に辿り着く前に喉をゴールデンコーラで潤す必要が出てきています。飲み歩きのことを記事にすると意外と「家で飲めばいいのに...」というコメントを頂きますが、さすがにこの暑さだと家まで辿り着かないのです。確…

カツオとマグロで今日も一人飲み

鰹で飲む 最近は鰹(かつお)での飲む事が多いです。というか鰹ばっかり。鰹があれば即注文。よく「昨日食べたから...」「この間食べたから...」と言う方がいますけど、基本的に僕は好きなものは毎日続いてもいいし、お昼に食べたとしても、好きなものであれ…

夏の居酒屋「ひとり飲み」のいいところ

夏の日の午後 暑い。とにかく暑い。朝会社に行くだけで、早くもヘトヘトになってダラ〜っとしてしまうけど、そこはセブンのアイスコーヒーのLサイズを一気飲みして、気持ちを切り替えて仕事と向き合う日々。基本的に会社は涼しいこともあって、仕事自体は快…

宇都宮では必ずこの店で餃子を食べる 間違いのない餃子3選+3

宇都宮餃子のおすすめ店 宇都宮の餃子は突然食べたくなるので、先日も茹だるような暑さの中、宇都宮線に乗ってサクッと餃子を食べてきました。宇都宮線の快速であれば上野からだと1時間半ちょっと、さいたま市からだと1時間と少しで行くことができますが、…

居酒屋でビーフシチューをつまめる喜び

居酒屋でビーフシチュー 居酒屋でビーフシチューがメニューにあると、ものすごくテンションが上がります。というか滅多に、いやほとんど居酒屋にビーフシチューはメニューに無いのですが、地元の個人店の居酒屋でビーフシチューメニューを見つけたのでさっそ…

宇都宮「庄助」うなぎの蒲焼きと鶏の唐揚げを食べる

宇都宮で飲む 宇都宮の餃子は急に食べたくなる時があるので、特に予定もせずにサクッと訪れているのですが、今回は4月以来の訪問。さいたま市からだと約1時間半の小旅行になります。宇都宮と言えば餃子の街、そしてビールの街、BARの街、JAZZの街という顔も…

ある週末、地元での一人飲み

週末に飲む この日は金曜日という事もあり、今日飲める?飲みません?飲まない?と3人に声を掛けましたが、すべてフラレましたので普通に一人飲みにしました(哀)僕は一人で飲むことが多いので全然問題無いのですが、週末ですし、誰かと飲みたいモードの時…

鶏の唐揚げ定食を食べる時は、後半レモンをかけ、マヨをつけて食べる

居酒屋で鶏の唐揚げ定食 最近お昼はお弁当か蕎麦って感じですが、仕事の達成度の具合いによっては好きなものを思い切り食べる日もあります。この日はそんなやり遂げた感もありつつランチタイムの居酒屋にインしました。この店は魚問屋が経営する居酒屋ですの…

ドイツソーセージと国産エゾシカと馬肉ソーセージのセット ピクルス添え 残り3

ソーセージの魅力 先日馴染みのバルに顔を出したら今日のおすすめ料理として「ドイツソーセージと国産エゾシカと馬肉ソーセージのセット ピクルス添え 残り3」と黒板に書いてあった。なんとなくドイツフェア的な感じで、他にもジャーマンポテトのチーズ焼き…

居酒屋やバーでの撮影で赤味や黄色味が強過ぎたら、ホワイトバランス3000kで撮影する

竹鶴21年 先日バーで竹鶴の21年が1100円との事でしたので迷わず注文しました。 「日本人に美味しいウイスキーを飲んで欲しい」という想いを胸に生涯をかけてウイスキー製造に邁進したニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝氏。そしてその努力を陰ひなたで支え続…

一人飲みの自己弁護

晩酌の時には、TVのチャンネルをWOWOWに回すか、録画しておいたゲームセンターCXかアメトーーク!を観るか、iPod ClassicにCDを取り込みながら音楽を聴くか、そして同時に本や雑誌をパラパラめくりながら黙って飲む事が多い。 最近家で酒を飲みながら読んで…

浦和 料理・酒 おがわ「わたや」新たなる出発

新生おがわ「わたや」 このブログで何度も登場している居酒屋「料理・酒 おがわ」。4月4日から今まで店主であった小川さんが引退され、板長さんの坂本さんが引き継ぐ形で新たなスタートをきりました。店名は「料理・酒 おがわ『わたや』」。しばらくは「おが…

宇都宮「庄助」末廣の燗で柚子みそときのこ鍋を愉しむ

宇都宮の名店「庄助」 昨年宇都宮に行ったときは、餃子屋2軒とビアバーだけにしか訪問できず、かなり物足りない思いをしたため、今回は餃子も酒も楽しむという綿密な計画を立てて再訪した。結果餃子はトータルで6軒を食べ歩き、そして居酒屋、ビアバー、オー…

今年こそ沖縄に行きたい!初めての沖縄旅行予習帖 自分メモ

夏休みの計画 ゴールデンウィークは特に予定もなくダラダラと過ごす雰囲気が濃厚なのですが、夏休みは今から計画を立ててどこか旅行に行ってゆったりと過ごしたいと思っています。ただそう決心するもののあまり毎年実現することなく、なんとなく台湾か京都と…

昭和酒場では焼酎を「ハイサワー」でわって飲むのが最高に旨い

昭和酒場で飲む 4月大雨の日の夜。たまには顔出すか...という事で豆富料理が旨い昭和酒場へ。この「最近行ってないから顔出そうか」という酒飲みの理論。お酒を飲まない人にはあまり理解されないと思いますが、店主や女将さんや板長の顔を見たくなる時ってや…

大雨の日にバフンウニで酒を飲む

雨の日にひとり飲み 今年(2015年)の4月は雨の日がほんと多いですね。そしてこの日も大雨。それでも今日はバフンウニ目当てで「ひとり飲み」と決めてました。でも、まぁ、やっぱり既に知り合いが3名ほど飲んでいたのですが、私はマイペースで飲み始めます。 …

居酒屋で季節を味わう一人飲み

基本一人飲み 私は基本的に一人飲み人生ですので、週に2,3回は馴染みの居酒屋かバーに寄り道してから帰ります。店に顔を出して店長やマスターに「ども」と挨拶をしながら店内を見渡すと、大抵誰か知り合いが既に飲んでたりしますので、まぁなんとなく今日の…

郷愁の赤ウインナーと昭和歌謡 / 浦和 仲銀居酒屋 つるてんてん

浦和ナカギンザ 浦和駅西口、コルソの裏側に建つ「ナカギンザビル」。その一階は24時間通れる70メートル程の長さがあるアーケードになっている。元々戦後の闇市から発展した商店街で、現在は飲食店中心に約20店舗が営業中。その中でもシンボリック的な存在な…

鮪の中落ちを蛤ですくって豪快に食べる / 北浦和 かね吉

中落ちとは 背骨(中骨)と背骨の間についている赤身をスプーンや蛤(ハマグリ)の貝殻でそぎ取ったものを「中落ち」といいます。やはり魚で旨いところは骨の回りの身ですから、スジも少ないプリプリな中落ちはやっぱり美味しいですよね。中落ちは脂ものらず…

知り合いに会わない居酒屋で一人飲み

誰にも会わない場所 馴染みの居酒屋やバーが多くなればなるほど、知り合いに会う確率も高くなります。誰かいるかな、誰か来るかな…と思って暖簾をくぐる事も少なく無いものの、今日は誰にも会わずに一人で飲みたい時もありますよね。そういう時のために酒飲…

北浦和の豆富料理「おみ」で、ちり蒸し豆富と目玉焼きをつまむ昭和な夜

豆富料理 季節料理 おみ 北浦和で開業40年をむかえる「豆富料理 季節料理 おみ」。北浦和駅のホームからお店が見えるので、気になっている人も多いと思うのですが、意を決してお店にはいるとそこは有線からムード歌謡が流れる昭和酒場。 ここでは生酒を注文…

居酒屋の料理と酒をポジフィルム調で撮影する / RICOH GR

RICOH GRのエフェクト機能 写真に特殊効果を加える機能をエフェクトと呼びます。RICOH GRにもエフェクト機能がありますが、作品づくりにおいてもそれほどいやらしさを感じないため、私自身使用頻度が高い機能です。GRの場合RAWモードで撮影しておけばカメラ…

「隠れ家 居酒屋 谷ツ田」の思い出(さいたま市から川口市へ移転)

隠れ家から表へ 以前京浜東北線の北浦和という駅から歩いて数分のところに「隠れ家 居酒屋 谷ツ田(やつだ)」という飲み屋があった。北浦和という街には酒場街がなく居酒屋やバーが点々としているのだけど、谷ツ田は駅チカではあるもののかなり奥まった場所…

居酒屋で酒と料理を真上から真俯瞰で撮る / RICOH GR

酒と料理を真上から撮る 私はFacebookでは居酒屋での酒や料理の写真を上げる事が多く「いつもいいもの食べてますね〜」なんて皮肉を言われながら日々生きている訳ですが、基本的に居酒屋ではいいものなんか食べませんし、変わったメニューには手を出さないの…

「鯛ふじ」にて 鯛のカブト焼きから鯛茶漬けで〆る素晴らしい夜 / RICOH GR

夜の鯛ふじ この日は日本橋箱崎町、水天宮駅近くの「鯛ふじ」での会食。夜の鯛ふじですのでとても愉しみにしていました。鯛ふじと言えばランチが有名で、焼き魚定食(松・竹)、鯛丼、鯛茶漬けが人気ですが、個人的には焼き魚定食の一択。ほんと美味しいと思…

【酒】燗の美穂 / レトロ空間で燗酒を愉しむ大阪の夜

燗の美穂という屋号 大阪に行くと必ずここで日本酒を飲みます。燗酒がメインの日本酒居酒屋。そして店主が美穂さん。なので店名が「燗の美穂」。素晴らしい。この屋号、なかなか秀逸だと思うんですよね。どういうお店なのかが名前だけでわかりますし、菅野美…

ある日の一人飲み人間の記録 / かね吉→カルピンテーロ→エルマニータ

いつも一人飲み この日もいつものように一人飲みでした。基本的に私は一人で行動することに何の抵抗もありませんので、特に予定のない時は一人で動く、要はボッチな行動形態が基本になります。とは言っても「一人で飲みに行く」ことを会社なんかで言ったとし…

レバーペーストには小布施酒造のソガペール

東洋美人原点 この日は東洋美人 原点 直汲み26BYからスタートしました。2013年7月28日の山口・島根豪雨により大きな被害を受けてしまった澄川酒造場からの新酒26BYです。特定名称の表示はありませんが50%精米の無濾過生原酒。華やかさからして純米大吟醸ク…

獺祭のお燗専用「獺祭 温め酒」を飲む / 浦和 料理・酒 おがわ

獺祭 温め酒 先日獺祭のお燗専用「獺祭 温め酒」を飲みました。場所はいつものさいたま市浦和区の居酒屋「料理・酒 おがわ」です。1年という長期熟成によってやわらかく、まるみのある落ち着いた味わいに仕上がっていて、こういう優しい燗酒を飲むとシアワセ…

乾杯は日本酒で、ビールは二軒目で(浦和 料理・酒 おがわ)

燗酒で温まる とにかく毎日寒い日が続きますね。基本的に早く温まるためにはアルコール飲むのが手っ取り早い感じです。そしてこの日は浦和駅から少し歩く馴染みの「料理・酒 おがわ」へ向かいました。 本当に寒くてマフラーから顔を10cm程うづくまらせながら…

てまひま料理 和座檜(わざび) ... 野菜と魚と酒を愉しむ店

てまひま料理 和座檜 無農薬有機野菜の料理と酒が飲める店として地元の人に愛されている和座檜(わざび)。店長兼板長さんの女将が孤軍奮闘切り盛りしており、ご自分の畑で育てた新鮮な野菜による丁寧な料理が魅力です。 こぢんまりとした店なのですが、1Fは…

今週飲んだ酒 ... 日高見 吟醸うすにごり / モンキーショルダー トリプルモルト / インペリアル17年 / ピノ シャルドネ スプマンテ / キンカンサワー

日本酒 今週は寒さが厳しかったこともあり居酒屋「料理・酒 おがわ」で一杯目から越乃寒梅を燗で頂きました。最近は取り敢えずビールではなくて最初から燗酒で行くときも多くなりました。だってホント寒いんだもん。 久しぶりに手取川の純米があったのでもち…

急にマグロとブリが食べたくなる事案が発生

事案の概況 最近急にマグロとブリが食べたくなるんです。突然「今日はマグロが食べたくなった・・・あそこ行くかな」とか「なんだか急にブリ刺しが食べたくなった・・・あの店だな」という感じです。とにかくマグロかブリなんです。何かの病気でしょうか? …

廣戸川 純米吟醸 初しぼり 25BYと珍味三点盛りを愉しむ(浦和 料理・酒 おがわ)

廣戸川という日本酒 昨年は福島・会津の宮泉銘醸が醸す「寫楽(写楽)」にハマり続けた一年でしたが、先日油断していたら「今年はこの酒かもしれないな」という日本酒に出会いました。その酒は松崎酒造店の「廣戸川」という純米吟醸。これは実に旨かった。飲…

日本酒 25BY 新酒 おりがらみ のすすめ

25BYの新酒を飲む 年末が近づいてくるとあの店は29日まで、この店は大晦日まで、そして新年は何日から・・・という情報が飛び交います。私も地元でよく通う居酒屋やバー10軒ほどの年末年始のスケジュールをメモして飲み仲間と共有したりしています。私は30日…

冬の酒を愉しむ

年忘れ 私は昼間からお酒を飲むことは少ないのですが、それは多分に家内に嫌な顔をされて言い訳が面倒だからだと思います。フジロックに行けば昼の11時から飲みますし、埼スタのレッズ戦も14時から飲み始めるのですが、家にいて昼から飲むというのはあまりあ…

正体不明なバーのチャージ料と居酒屋のお通し

気持ちのこもったお通し 以前飲み屋におけるお通しについて書きましたが、僕は意外とお通し(突出し)を楽しみにしています。毎日主人がこだわりを持って、しっかりと手の込んだ、気持ちのこもったお通しが出てくる店であればもちろん安いのにこしたことはな…

【酒】 初めての居酒屋・バーでの一人飲み

「一人飲み」での検索 当ブログにおける今月の11月1日から18日までの検索流入キーワードですが、何故かiPadでの検索が圧倒的に多いものの、やはり「一人飲み」「ひとり飲み」「一人 居酒屋」「バー 一人」というキーワードでの流入が多いようですね。検索流…

中年の酒の飲み方、話し方

飲み過ぎの日々 (写真はすべてリコーGR 47mmクロップで撮って出しです)ここ2日間ぐらい少し外で飲み過ぎて中年として余裕のあるスマートな飲み方じゃないな・・・と反省しています。絡んだり騒いだりした訳では無いのですが、酔いを自覚してそろそろ今日は…

リコーGR ... ファームアップで追加された47mmクロップで酒の肴を撮る

RICOH GR 機能拡張ファームウェア公開 2013年10月初旬に リコー GR の最新ファームウェア v2.03 が公開されました。バグフィックスのようなアップデートではなく、初めてのアップデートにもかかわらず機能拡張込みのメジャーバージョンアップというのがリコ…

ひとり飲みで一番嬉しい時は、気の合う飲み仲間と店で偶然会えたとき

おなじみさん 今までひとり飲みについていろいろと書いてきましたが、毎回毎回じっと一人で、黙って、恐い顔して飲んでいる訳ではありません。今日は誰とも話したくないなーという日は「鍵屋」「まるます家」「斎藤酒場」等で群衆の中の孤独モードになる時も…

また魚屋さんで飲んだ話 / 小さな小さな築地 北浦和「かね吉」

魚屋さんでまた飲む さいたまクリテリウム by ツールドフランスを観戦した後、まだ16時台だっ たこともあってこの時間から営業している酒場と言えば・・・そうです魚屋さんです。街中の魚屋はお店の中で飲めるのが普通です・・・えっ?!普通飲めない?うそ…

【酒】居酒屋における屋号について

屋号とは 居酒屋の店名の事を屋号とよく言う。新明解国語辞典で調べてみると やごう【屋号】 ㊀商店や歌舞伎(カブキ)役者などの、家を指す呼び名。㊁〔都市や北海道以外で〕一般に家を指す呼び名。姓の代りに用いられる。 #新明解国語辞典第七版より とある…

【酒】ひとり呑みの流儀 男女兼用

本日は誰も教えてくれない「ひとり呑み」の流儀をだらだらと書き連ねてみます。(写真はいつものRICOH GRで撮影したものです。撮って出しです。) ひとり呑みの流儀 最初の注文に手間取らない 初めて入る一軒呑み屋。暖簾をくぐって引き戸をガラッと開けるの…

寫楽(写楽)という旨口の日本酒は肴が必要ない。肴は水でいい。

冩楽という酒 馴染みの店では、相変わらず福島の酒「冩楽」にハマってる人が多いです。米にこだわり、酒造りそのものにこだわり、そして酒の旨み、キレ、香り、すべてが素晴らしい酒です。 日本酒はウイスキーやワインと違って肴(さかな)が必要な酒です。…

今日もおでん、明日もおでん。おでんの季節。

やっと涼しくなってきた。料理・酒おがわでは、生ビールが終わり、ビールサーバの場所におでん舟が置かれていた。今年もおでんは8種類。僕は特に考えることも無く注文した。 大根、たまご、ちくわぶ。僕は偏愛している大根とたまごを必ず注文して、あとはち…

門前仲町 ふく田(ふくでん)に再訪。料理・酒がとにかく旨い。絶品。

牡丹町のふく田 なんか先日訪問したばかりですが、またまた門前仲町の「ふく田(ふくでん)」に行ってきました。場所は江東区牡丹町。今回周りを少し歩いてみましたが、気になる店も多くありますので、ふく田ばかりでなく、いろんな店を発掘したい感じです。…

近所の店を大切にし、そこへ顔を出すのが大人のたしなみ

私は近所の店を大切にすることは必要なことだと思っている。近くの居酒屋、バー、蕎麦屋、寿司屋、カレー屋を大切にして、顔を出す。そして妻公認であることも重要だ。既に家も買った。家族もいる。でも最後は女房と2人だけになる。そうした時に、家以外に…