Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

【酒】居酒屋写真ブログへの道。どんなに酔っても記憶を無くしても写真だけは撮り続けていた。

居酒屋写真ブログへの道

 当ブログでは当たり前のように酒の話、酒の本の紹介ひとり呑みや3人飲みのススメひとり呑みの時にカウンターで何をするか、といったお酒ネタの記事が多く存在しますが、「私はお酒飲めないので・・・」というコメントを頂くことも少なくありません。

 実は私も以前はそれほどお酒は飲まず、速攻で家に帰り、ファイナルファンタジーXIでパーティを組み(白魔道士、召喚士)、外国の方とレベル上げをしている日々の方が楽しかった記憶があります。ただ、ある時からひとり暖簾をくぐり、ひとりバーに通うようになってしまったのは、芋焼酎のお湯割りとシングルモルトウイスキーに出会ってしまったからでしょうか。

 で、何が言いたいかというと、今お酒を飲めない人も、あまり好きではない方も、何かのきっかけでお酒が飲めるようになるかもしれない、という、なんとも根拠のない例をお伝えしたかったのが本日のオープニングトークになります。

  それと昨日はかなり酔っ払ってしまいまして、最後の方はあまり記憶もあやふやなのですが、そこはさすが私です。しっかりとお酒と料理の写真が残っておりました。「そうかこんなツマミたのんだのか・・・」と記憶をたどってます。以下、私の金曜日夜の行動をダラダラと紹介するという、役立ち度ゼロ企画でお届けします。

 

料理・酒 おがわ

 さて金曜日です。この日はある記事がGunosyの夕刊にも掲載されたようなので、ブログのことは考えないで、ゆっくりと酒が飲めると思い、まずはいつもの「料理・酒 おがわ」に向かいました。すると既に常連の知り合いがいたので隣に座らせてもらい、そこで自然とツーマンセルの飲みとなったのです。

 ここからはDave BrubeckのTake Fiveを聴きながらお読みください。

Dave BrubeckのTake Five 

 

 ひとり呑み同士が店で会うとお会計は別々です。これが二人で訪問してしまうと伝票は1つなので割り勘となります。ま、どうでもいい話ですが、今日はまず「鯔(ぼら)の琉球」を頂きました。「琉球」とは、魚を胡麻醤油で和えた大分県の郷土料理です。ワサビを加えて混ぜて食べる。美味い。

 写真ひと言メモ:撮って出しですが、ホワイトバランスも適正で、まだ酔っていませんので、構図もいつもの感じです。ピントはビシっと琉球に合わせて、瓶ビールは敢えて横ボケ(?)です。

 

 そしてタコぶつ。やはり噛めば噛むほどうま味が味わえるのがタコです。タコは、アワビ、エビ、カニを捕食していますので、エサのうま味成分が身に移るのでしょう(あくまでも一説ですが)。今は刺身で食べるのが流行りですが、やはり火を通すとうま味も一段と高まります。

 写真ひと言メモ:なんとなく暗い。でもここでプラス補正をするとタコの白がうまく表現できないんですよね。タコの白を上手く撮れるようになったら居酒屋写真家として一人前と言われます。(分かりやすいウソ)

 

 「おがわ」には毎週「今週の酒」と題して、店主さん自らの仕入れで6~8本ぐらい入荷します。今週の酒もかなり制覇しました。写真は福島県の飛露喜、純米です。

 写真ひと言メモ:ホワイトバランスはオートAWBなのですが、居酒屋ではこんな感じにオレンジっぽくなる場合が多いです。これはこれで暖かみが出ますが、白が白にはなりませんので、やはりRAWで撮るか、数枚撮るしかないのが実情です。

 

  続いて明鏡止水を頂きました。おがわでは、1合の半分で飲めますので、いろいろなお酒を楽しめます。半分だとお値段もちょうど半額です(嬉)

 写真ひと言メモ:これはカメラがオートでホワイトバランス頑張りました!って感じの色温度になりました。あとこの辺りからホロ酔いになってきますので、水平・垂直を如何にしっかり意識するかが、居酒屋写真家として大成できるかどうかの分かれ道と昔から言われてます。(本日の分かりやすいウソ2回目)

料理・酒 おがわ

TEL: 048-831-0426

埼玉県さいたま市浦和区常盤4-3-15

 

 La Scala(ラスカーラ)

 さて「おがわ」からの流れでツーマンセルによる二軒目突撃です。イタリアワイン居酒屋というイメージのお店です。1Fは立ち飲みですが、2Fと3Fはゆっくりとくつろげます。ワインがメインですが、普通に角ハイをたのんでしまいました。

 写真ひと言メモ:だんだん酔っ払ってきますので、ここからが踏ん張りどころです。角ハイだけだと絵になりませんので、たまには日の丸構図で、バーっぽい背景も入れつつ明るく撮ってます。

  ここで曲いきましょうか。Art PepperでYou'd Be So Nice to Come Home To 

 Art Pepper - You'd Be So Nice to Come Home To

 

 既に料理名の記憶が曖昧ですが、鯛のカルパッチョだったでしょうか。このラ・スカーラは女性中心のスタッフさん(昨日は4名)で、お料理もしっかりと作ってくれます。美味しく頂きました。

 

 二人飲みだとピザも食べられます。ピザはビールにもハイボールにもワインにも合うおつまみですよね。

 写真ひと言メモ:このお店で先ほどの角ハイを3杯飲んだと思いますので、既にいい感じの酔っぱらいです。しかし!この斜めの奥行ある構図を意識するあたり、並の居酒屋写真家見習いでないことが垣間見れます。 

 

 こんな感じの店内です。ステキ空間です。

ラ・スカーラ

TEL 048-709-5380

住所 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-8-8 ナカギンザ7内

 

 beber(ベベ)Urawa Public House

 先程のラ・スカーラの元店長さんが独立されて2012年にオープンされたお店がこの「beber(ベベ)」。樽生ギネスとFISH&CHIPSが80年代のロックと共に楽しめます。美人店長さんと癒し系バーテンダーさんのお人柄が魅力です。

 3軒めですが、オーダーはいつものベベハイボールです。冷凍庫でトロトロになった角ウイスキーをウィルキンソンのソーダで割ってレモンピールを。氷は無し。薄はりグラスがとてもいいのです。

  写真ひと言メモ:結構暗いのに頑張ってます。ピントがナッツにバチピンなような気もしますが・・・

  曲いきましょう。Men At Workでノックは夜中に。これはぎりぎり70年台だったかな。

 Men At Work "Who Can It Be Now"

 

 この日はお盆という事もあり、通常19時までのハッピーアワーが、1日中ハッピーアワー祭りでした。ですので、このベベハイ2杯とナッツで1,000円というお得感。

 写真ひと言メモ:まぁよく撮れてます。それぐらいしかコメント思い浮かばない・・・。またナッツにバッチリピントですが。

 

 最近花の写真を撮っていないので、いわゆるいつもの花構図で。これはもっと絞って後ろのメニューの字も見えていたほうがよかったのかもしれませんね。

 

 カウンターとテーブル席があります。奥に写ってる方が、美人店長さん(右)、癒し系女性バーテンダーさん(左)です。くつろげます。

 

beber(ベベ)

TEL 048-822-1550

住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-17-9 常盤ビル 2F  

 

 デクのやまご屋

 ついに4軒目です。ほとんど記憶がありませんので、写真だけがたよりです(汗)隠れ家居酒屋的な感じのお店で、スタッフさんの対応も気持ちいい。『もつ煮』『焼き鳥・焼き豚』が美味しいお店です。

 4軒目なのにボトル入れちゃってますね・・・(笑)

 写真ひと言メモ:既にかなり酔ってますが、カメラはしっかりと出していて撮ってます。記憶はあまりございません・・・。

 

 曲いきましょう。Miles DavisのBut Not For Me、Bag's Grooveから。

Miles Davis But Not For Me (Take 2) Bag's Groove 1954

 

  串も美味しいお店です。レバを塩で頂きました。

 

 そしてハムカツ降臨!Yes! 肉厚ですねー

 

 既に完全にベロベロなんですが、こんなショットもしっかり撮ってるのが凄い。右手に箸、左手にカメラ。記憶ゼロですが・・・。

 写真ひと言メモ:私の指が写ってしまったので少しトリミングしました。

 

 結局昨日は二人で4軒のハシゴ。でも写真はしっかり撮ってあったので、今思い出してます。さて今日は何軒行くのでしょうか・・・居酒屋写真ブログとして頑張っていきます!

 

デクのやまご屋

TEL 048-826-0760

住所 埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-1-4 味楽ビル2F

 

以上です。

 

居酒屋あさこ: 待たせずおいしいおつまみレシピ72 (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

居酒屋あさこ: 待たせずおいしいおつまみレシピ72 (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

風物詩シリーズ 1/60 居酒屋 組立キット

風物詩シリーズ 1/60 居酒屋 組立キット

友達と”居酒屋”で飲んでんだアリバイ(ΦwΦ;)

友達と”居酒屋”で飲んでんだアリバイ(ΦwΦ;)