Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

【酒】居酒屋では3人で飲むのがしっくりくる

平日の居酒屋

基本はひとり飲み

  私は平日、特に予定がなければ、馴染みの店にひとりで入って飲むことが多いです。いわゆるよく行く居酒屋数件の中で、定休日を考えながら訪問する感じです。定休日って意外とバラバラで、日曜日が休みの居酒屋がやはり多いのですが、火曜日が休み、水曜日が休み、木曜日が休みという居酒屋も少なくありません。

 

居酒屋の定休日

 木曜日が休みの居酒屋はまだ1軒しか知りませんが、木曜は意外とお客さんの入りが少ないとのことで、木曜休みにしたそうです。確かに木曜日は比較的空いている感じがしますが、とっても混み合ってる日もあるため、ほんとその時になってみないとお客さんの入りなんて分かりませんよね。

  今年のゴールデンウィーク突入前の金曜日、馴染みの居酒屋に行ったらオープンからしばらくは私1人のみ・・・遅くにもうひとかたいらっしゃって、その日の来店者数は2人のみという日があったようです。居酒屋の客足はまったく読めないようですので、ビッグデータ時代の最先端のデータマイニングが可能であれば、居酒屋業界の方に採用して頂けるかもしれませんね。ただ業界に蓄えられた膨大な顧客データが無さそうですが・・・。

 

今日は何人で飲むか

  さて今日は飲むぞと決めてから、何人で飲むか。これはその場のノリで決まっちゃう時がほとんどですが、私は結構気にしてます。ひとり飲みが気楽でいいのですが、気の合う仲間と飲む酒も楽しいものです。そこで何人で飲むのがいいのか・・・なんて考えることもあります。

 

ひとりで飲む

 もう皆から断られたらひとり飲みしかありませんので、私は普通にひとりで暖簾をくぐります。一応顔見知りの店長さんや常連さんがいる店に行くことが多いので、完全に1人って感じではないですが、「ぼーっとする」「特に話したくない」って時にはひとり飲みがベストです。やはり一人になる時間を時々持つ、という事はとても大切だと思ってます。

rocketboy-miya.hatenablog.com

 

2人で飲む

 いわゆる差しで飲むって感じですが、私は男ですので、男同士差しで飲むのはちょっと苦手です。ひとり飲みの時に隣に常連の知り合いがいるのは、いつもの事ですので、敢えて2人で約束して「今日は行こうぜ」的なガチ飲みはあまり行かないのです。ただ、たまに新しいイイ店見つけたよ的なノリの時はツーマンセルで突撃っていうパターンはあります。

 そもそも2人飲みって、常に「話し手」と「聞き手」にならざるを得ないため、結構疲れますよね。やっぱり黙っていたい時もありますから。まぁおしゃべりな人とだと、こちらは聞くだけなので楽なんですけどね。

 ただ、気になっていた女性との差し飲みが実現!ってことになれば話は別です。ハイ。それはそれで頑張ります。

 

3人で飲む

 私はこれがベストです。複数人で飲むのであれば3人飲みがいいと思うんですよね。まず会話が弾みます。そしてなにより重要なのは、1人が喋らず休めること。これ重要。2人が「話し手」と「聞き手」になり、もう1人が休憩できる。これはほんと、落ち着いて飲めますし、食べれますし、会話を楽しめます。

 

4人で飲む

 4名は意外と面倒です。「話し手」が重なる時がありますし、最終的に2対2で話が別れたりしますので、ちょっと居心地面でどうなのかな。

 

5~6人で飲む

 もう宴会です。まぁ楽しければいいんですが、酒や肴をじっくり楽しむという感じではなくなりますので、飲み放でひたすら飲み尽くすという割り切りしかありません。私はとにかく宴会でバカになれない、つまらない人間ですので、こればかりは仕方ないですね。

 

おわりに

 簡単にまとめますと

  • 仲間と飲む時は3人飲み
  • お目当ての女性と飲む時は2人飲み
  • でも基本はひとり飲み

 

って感じでしょうか。

あまり結論になっていませんが。

 

かなり危険な泡盛です。オススメはしません! 

 

以上です。

 

居酒屋百名山 (新潮文庫)

居酒屋百名山 (新潮文庫)

太田和彦の居酒屋味酒覧―精選173

太田和彦の居酒屋味酒覧―精選173