読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

ある日の一人飲み人間の記録 / かね吉→カルピンテーロ→エルマニータ

一人飲み 日本酒 写真 居酒屋 ワイン

いつも一人飲み

この日もいつものように一人飲みでした。基本的に私は一人で行動することに何の抵抗もありませんので、特に予定のない時は一人で動く、要はボッチな行動形態が基本になります。とは言っても「一人で飲みに行く」ことを会社なんかで言ったとしたら、途端に「信じられない・・・」「ありえない・・・」と言った、およそ正常な人間として見てくれない可能性があるため、誰にも言わずにフラっと彷徨い歩くのがとても落ち着きます。

以前ぐるなびの "みんなのごはん" に以下の記事を寄稿しました。いまでも記事の中での一人飲みスタイルは変わっていません。お店に行けば知り合いが隣で飲んでたりしますので「1人だけど1人ではない地元でのひとり飲み」がとてもいいのです。


【ぐるなび×はてなブログ企画】 第1週 1人だけど1人ではない地元でのひとり飲み - みんなのごはん

久しぶりに再読しましたが、良いこと書いてありますね(笑)

かね吉

まずは魚屋さんのかね吉にインしました。居酒屋に入ることを「インする」と言います。なんとなく広めてきたつもりですが、言いますよね?(笑)

ちょい飲みセット

R0053958
北浦和の魚屋さん「かね吉」は16時からオープンしていますが20時ラストオーダーですので、早めに帰れる時はサクッと一人予約してから突撃します。最近1杯めは日本酒スタートですので、ふぐヒレ酒を頂きました。この日はひな祭りでしたのでお通しがお母様特製のあられ。これがとっても美味かったー。


R0053964
ちょい飲みセットを注文しましたが、お刺身は「まかないバージョン(仮)」が出てきました(笑)お客さんが私以外ゼロでしたのでサービスして頂きました。ありがとうございます。皆さんに「まかないバージョン(仮)」は出ませんよ!


R0054015
ちょい飲みセットの新潟 本柳カレイの塩焼き。それにしてもヤナギガレイは旨いですね。淡白ながらも旨みがしっかりとあり、繊細でとても上品です。

以上、ふぐヒレ酒、お刺身まかない版、本柳カレイ塩焼で1000円です。得すぎ!


R0054016
かね吉での燗酒、ふぐヒレ酒はさいたまは指扇、小山本家酒造「梅の寿」。やや辛口の普通酒ですが、淡麗でなかなか味わい深いです。後ろに写り込んでいるのは三代目若大将!


以前の記事

2回目OKの1000円セット

R0053977
通常、1000円セットメニューは1回しか注文できませんが、たまに2回めでもOKなセットメニューがあります。飲み物はここで瓶ビール。


R0053982
車海老フライ!そしてお母様から
サービスの唐揚げ!ビールにしてよかった。(唐揚げはこの日だけですし、ここは魚屋さんですので皆さんには出ませんよ!)


R0053984
お父様からサービスのカツオ!ありがとうございます。(なお、繰り返しますが、他のお客さまがいなかったこの日だけですので、皆さんには出ませんよ!(笑)本日3回め)


以前の記事

カルピンテーロ

R0053993
そして2軒めは北浦和のワインバー「カルピンテーロ」。ボルドーのミュゼ・ド・ラ・ファビエール。
骨格のある味わい、しっかりタンニン、心地よい果実のアロマ。旨いです。

かね吉で十分食べたこともあり、フードのオーダーは諦めました。



以前の記事

エルマニータ

R0053997
もう1軒。こちらもスペインバル&ワインバーのエルマニータ。ここではスペインワイン「マノ・ア・マノ MANO A MANO」。フレッシュでフルーティなワインで締めました。


終わりに

この日は意外と正統で真っ当な一人飲みでしたね。あまり酔わなかったですし。
もちろん知り合いに、3店とも(別の方々に)お会いしましたが(笑)実にノーマルな飲み方で、粗相もございませんでした。

ただこのあと家で寝る前、ラフロイグをロックで飲んだら一気にベロベロになって翌朝の5時起きキツ過ぎ。


以上です。

こんな記事も




居酒屋を極める (新潮新書)

居酒屋を極める (新潮新書)

居酒屋吟月の物語 (日経文芸文庫)

居酒屋吟月の物語 (日経文芸文庫)

ひとり飲む、京都

ひとり飲む、京都