読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

魚屋で呑む。生すだちサワーを飲みながら、アジフライと穴子の白焼きを食べる。間違いなし!

写真 料理

さかなやさんで飲む

R0012900
 みなさんの住む街の商店街にある魚屋さん。元気な大将が粋に魚を売りさばいていく姿はなかなか楽しいもので、こちらの財布の紐もついつい緩みがちになります。あらかじめ予約しておくとお刺身の盛り合わせとかもアレンジしてくれますし、魚屋をぶらっと覗き、多くの鮮魚を見ているだけでかなり盛り上がってきます。

 そして魚屋さんと言えば、お店の中で飲めるのが普通です・・・えっ?!普通飲めない?うそっ!(というわざとらしいオープニング)


R0012908
 さいたま市「小さな小さな築地 かね吉(かねきち)」という鮮魚と乾物のお店です。中に入ると魚屋として普通に営業中です。そして店内にカウンターが6席。簡易テーブル席もあります。ここで飲めるのです。まずはセットを注文。飲み物、お刺身と焼き物が出てきます。


R0012923
 最初にセットのお刺身が登場。魚屋ですので、魚には困りません(笑)セットは1000円ですので、お刺身はこれくらい。ま、十分です。


R0012929
 焼き物は自家製アジの開き。小ぶりですが、酒の肴には丁度いいです。


R0012948
 カウンターから、振り向くと手前に簡易テーブル席。そして魚屋さんならではのガラスケース。まさに魚屋の中にカウンターとテーブルがあって、普通に居酒屋さんみたいに飲めるのです。

生すだちサワーを飲む

R0012944
 お酒は日本酒も用意されていましたが、この後まだまだハシゴする予定もあったので、生すだちサワーを注文。この日はツーマンセルだったのですが相方も緑茶サワー。お互い堅実です。


R0012957
 焼酎も充実してます。魔王の蔵「白玉醸造」の酒が揃ってます。それと貼り紙におでんの文字が。気になります・・・ものすごく気になります・・・でも今日は我慢ですかね・・・。

アジフライと穴子の白焼き

R0012977
 そしてフライが絶品らしいので開きに続いて今度はアジフライを注文。出たー!これは文句無し。間違いなし。サクサクホワホワ絶品です!


R0012954
 続いて穴子の白焼きを注文。魚屋ですからこんな感じから調理します。盛り上がります!そして大型液晶テレビも完備ですので魚屋でサッカーを観戦しつつ、飲みながら白焼きを待ちます。


R0012983
 出ましたー穴子白焼き!間違いない旨さ!これは本当にシアワセになる美味しさです。


R0013004
 生すだちサワーをお代わり。この後、数件行く予定だったので日本酒にせず、抑え気味です。計画通りに飲み進めるなんて、さすが大人です。


R0013013
 そして、ししゃも行きました。もちろんオスです!メスも美味しいのですが、やはりオスの方が引き締まってて私は好きです。あ~美味しい魚ってほんとシアワセになりますよね。

小さな小さな築地 かね吉

R0013036
 ということで、あっさり気味ですが、こんな感じで皆さんも是非魚屋さんの中で飲むことをおすすします。

 えっ?近くにない?残念!!ほんと残念!さいたまスーパーアリーナの帰りに是非。



建物コレクション 建コレ 130 魚屋・八百屋・純喫茶

建物コレクション 建コレ 130 魚屋・八百屋・純喫茶

からだにおいしい魚の便利帳 (便利帳シリーズ)

からだにおいしい魚の便利帳 (便利帳シリーズ)

  • 作者: 藤原昌高(ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑主宰)
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2010/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 9人 クリック: 61回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る