読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

北浦和 ウアムファン / 地元に愛される本格タイ料理の店

写真 料理

タイ料理の魅力

IMGP1816
ある寒い夜「そうだ タイ料理行こう」というモードになりサクっと行くことの出来る地元のタイ料理屋さん「ウアムファン」に出向きました。ウアムファンとはタイ語で「夢をかなえる(夢をつかむ)」という意味。この日は二度目の訪問で上下の写真は前回訪れた時のものです。


IMGP1807
タイ料理自体私は大好きなのですが、どうも辛さを競うような方々のノリが苦手で、ようは辛味だけでなく、味と香りの複雑さ、特に甘み、酸味、塩味、旨味をじっくりと味わいたいので、なるべく私と同じぐらいのタイ料理ビギナーの方々と行くようにしています(汗)


IMGP4486
まずは揚げ物を注文したのでビールです。今日はシンハーでもなくチャーンでもなく、なんとなくスーパードライにしちゃいました。

なお今回はPENTAX DA 35mm F2.8 Macro Limitedで撮影しました。全体的に暗くそしてホワイトバランスが妙な感じになってますが・・・あまり気にされないように・・・(汗)

各曜日に限定メニュー

IMGP4494
最初はタイ風揚げ春巻き(ポーピアトート)です。これは曜日限定メニューのようで、私は生春巻きよりは揚げ春巻きの方が好きなので、ビールと共に美味しく頂きました。他にも曜日限定メニューとしては、タイ風ビーフンしょうゆ炒め、カイラン菜とエビの炒め、タイ風トマトディップ&4種の野菜、タイ風スキヤキなどがあるようですね。

カレーは日替わり

マッサマンカレー

IMGP4500
そして今日のカレーは2種類でマッサマンカレーがありました。アメリカの情報サイト『CNNGo』において「世界で最もおいしい食べ物」に選ばれ、タイの王様も愛されたカレーがこのマッサマンカレーです。

マッサマンとは"イスラム教の"という意味を持つようで、タイ南部に多く住むイスラム人の料理とタイ料理から生まれたもの。そのマッサマンカレーは、ジャガイモ、にんじん、タマネギと日本人に馴染みの深い具を煮込んだもので、辛いというよりは酸味スパイシー的で、ピーナッツの香り引き立つなかなか複雑さのある、味わい深い料理です。

グリーンカレー

IMGP4509
一転してグリーンカレーは生の唐辛子が効いてなかなかの辛さ。ただ辛さの中にもココナッツミルクのまろやかさがありますし、ナスが入っているのがいいですよね。もちろん辛いですが、今回辛さはお任せの「普通」。ですので特に問題ありません。というかほんと美味しいですよね。

タイ料理に合う酒とは

IMGP4514
このウアムファンはお酒のメニューも豊富で価格もリーズナブル。お酒はレモンサワー、そしてマンゴーサワーを頂きました。やはり少しフルーツ系のお酒が合うような感じがします。


IMGP4523
鶏ひき肉のバジル炒め(ガパオガイ)。ホーリーバジルとひき肉の辛い炒め物ですが、ホーリーバジルは健康にいいとされているため、必ずオーダーするメニューです。今回はライスとたまご付きではなく炒め物単品で注文しました。


IMGP4527
ドリンクもいろいろと揃っているようです。一番左の瓶がメコンウイスキー。タイ風ハイボールを注文すると、このウイスキーで作ってくれます。ただ原料は麦ではなくお米なので「タイウイスキー」と呼びますよね。

地元に愛される本格タイ料理の店

IMGP4540
タイキッチン・ウアムファン。とてもアットホームな雰囲気で落ち着きのある空間です。生ハーブや手作りカレーペーストにこだわりをお持ちのようで、まさに本格派といえるタイ料理が楽しめるのがいいですよね。詳しくはお聞きしていないのですが、旦那さまがタイの方で奥様が日本人、まさにマッサンのように夫婦二人三脚で頑張っているお店のようなので、これからも応援していきたい本格タイ料理のお店です。


関連記事


10分で本格タイごはん

10分で本格タイごはん

長澤恵のタイ料理教室

長澤恵のタイ料理教室