Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

【京都を撮る】伏見稲荷大社をテンション上げながら、ポップンビビカラーで撮るのが好きなのです / CANON EOS 7D & EF24mm F2.8 IS USM

撮影スタイル

最近の記事の中で「あまりRAWで撮らなくなった...JPEGで勝負」みたいな事を書いてきましたが、基本的にモノクロで仕上げる時はRAWで撮り、通常の撮影はJPEGかRAW+JPG、その場限りの居酒屋フォトやSNS用はJPEG、というスタイルで撮っているのが正直なところです。

IMG_4975
でも本当はRAWで撮ってもそれほどDPPやLightroomで画像処理はしませんし、カメラ内現像でチャッチャっと済ます程度。ようはそれ程編集作業をして作品として仕上げていくという工程に興味がないのかもしれません(元も子もないですが)。特にフォトコンとかに出す訳でもなく、基本的にこのブログやSNSにちらっと載せる程度。写真の編集をするという目的があまり明確でないので、編集そして現像という行為に全然力が入って行かないのでしょうね、きっと。

IMG_4984
でもカメラを持ってシャッターを切るのは好きなんですよね。なんだかんだ言って個人的に盛り上がるのは撮影した直後、液晶モニターに表示される画像を確認する時。ここです。この瞬間。この撮影画像を確認する時間が楽しくもあり哀しくもあり、この瞬間のためにシャッターを切っているのかもしれません。そしてここで想定外の仕上がり、自分のイメージをはるかに負の方向へ超えていく明るさ、色の濃さ、色あいの場合…そりゃあかなり落ち込みます。もう自暴自棄になりそうな時も結構あります。

テンションを上げる設定

IMG_4991
なので私は「ピクチャースタイル 風景 / 色の濃さ(彩度)+1」これがデフォルトです。ピクチャースタイルというのはキヤノンにおける仕上がり設定のことで、ニコンだとピクチャーコントロール、ペンタックスはカスタムイメージ、ソニーはクリエイティブスタイルと呼ばれている機能になります。私はここでせめて「色の濃さ(彩度)+1」にしておかないと撮影画像の確認の時にテンションが上がってこないんですよね。撮影している時って、この画像の確認でどんどん落ち込んでいく時がありますから、テンポよくそして気分よく撮影していくために私にとっては「色の濃さ(彩度)+1」が大切なんです。

IMG_5013
そして旅行に行くときは一応RAW+JPGで撮影します。ただ前述のとおりテンションを上げていかなくてはいけませんので、私の思い描く意図に沿った画作りをしていくためにピクチャースタイル、ホワイトバランス、露出で追い込んでいきます。いや分かっているんですよ。RAWでも撮っているんだから、そんな調整あとでやれよというのも。でも私はとにかく気分よく、テンポよく撮影していくために撮影現場で画像を仕上げていくことが好きなんです。

IMG_5025
そんなのめんどくさいだろう?と...実はこれがあまり面倒だと思わないんですよね、現場では。家に帰ってから作業をするとなると、もう考えただけで面倒で面倒で仕方ないのですが、現場で設定しながら気分を盛り上げていくって私は嫌いではありませんし、テンションを上げていくことで旅行も撮影も同時に楽しむことが出来る感じがするのです。

ポップンビビカラー

IMG_5027
京都の伏見稲荷大社や平安神宮に訪れる際はこんな感じの色で攻めることが多いです。もうやり過ぎとか神社仏閣はそのままが一番美しいとか正直どうでもよくて、その場のテンションを上げていくにはこのポップンビビカラー(仮)(適当な仮の愛称)なんです。

IMG_5032
この時は CANON EOS 7D に何故かEF24mm F2.8 IS USMで撮影していますが、

◆ポップンビビカラー設定値◆

  • ピクチャースタイル 風景
  • コントラスト+3〜4
  • 色の濃さ +3〜4
  • ホワイトバランス 日陰/曇り
  • 露出補正 +1~+1.7

これでテンションを上げていきました。それがこの記事の全画像です。だって普通に撮ると曇っていたこともあって、かなり気分が落ち込む画面にしかならなかったですし、私は朱色の出具合を一人楽しんでいました。ただこうして並べてみると今ひとつ感もありますね…まぁいっか。

旅行を楽しみ撮影を愉しむ

IMG_5035
京都旅行の最後の日は、伏見稲荷と東寺に寄ってから帰ることが多いのですが、最終日は疲れてますし、帰る事への寂しさもありますから、こんな仕上がりで撮っていたんだと思います。旅行中はRAW+JPGで撮っていましたが結局RAWで編集することなく今に至ってます。これはもう作品でもなんでもなくて、単なる旅行の時の記念写真ですし、あーこの時はこんなテンションで撮影してたのね、って事が今はいい思い出になってます。

IMG_4989
ちなみに観光地にはどんなに前日酔いつぶれていても朝8時までには乗り込んで行くことが実は一番大切だと思ってます。そしてポップンビビカラー(仮)でテンションを上げていくのです。

これだけ平安神宮。
7D2_4613

関連記事

おすすめ京都本

京都の隠れた御朱印ブック

京都の隠れた御朱印ブック

『Hanako FOR MEN』 vol.15  京都、男旅。 (マガジンハウスムック)

『Hanako FOR MEN』 vol.15 京都、男旅。 (マガジンハウスムック)

ひとり飲む、京都

ひとり飲む、京都