Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

バー(BAR)への行き方、通い方

バー(BAR)入門

R0004534
はてな匿名ダイアリーに投稿された以下の増田*1記事。私がいつも行く数軒のバーではどのお店でも女性一人で楽しんでいる光景が普通なのですが、バーへのデビューに心配な方々も多いのでしょうか。

anond.hatelabo.jp

元増田記事内の質問をベースに「こんなかんじかな」という事を書いてみましたが少し普通すぎる感じになってしまったような・・・特にひねりが無い回答になってしまったのも、バーというのはフラッと入って気に入ればまた行くし、自分に合わなかったら次の店を探すっていうのが基本なんですよね。

どういうバーを選べばいいのか

ショットバーがいいのかダイニングバーがいいのか。ふらっと行けるような店はどう探せばいいのか。また、最寄り駅近くがいいのか乗換駅近くがいいのか。

取りあえず最寄り駅、もしくは数駅離れてタクシーでも問題なく帰れる距離のバーに入ってみるのがいいと思います。帰りが楽ってやっぱり気分的にとても大切です。お店は知り合いに聞いてみたり、食べログで調べたり、サントリーのサイトとかで調べたり。オーセンティックバー、ワインバー、モルトバーとか、まずは自分が「何が飲みたいか」を考えて気になったお店を。

rocketboy-miya.hatenablog.com
bar-navi.suntory.co.jp

どういう服で行けばいいのか

カジュアルな服はどこまで許されるのか。チェックのチュニックブラウスにジーンズにスニーカーとか、パーカーにスカートにレギンスとか。CanCamみたいなきれい目な服を持ってなくても大丈夫なのか。

洋服は男性・女性問わず、ごくごく普通に出勤や外食する時の服装でみんな飲んでます。あまり気にする必要はないと思います。

お酒が弱くても大丈夫なのか

1杯だけ、その日の気分に合わせたお酒を作ってもらって飲んでくる…みたいな感じでいいのか。ノンアルコールカクテルもあるのか。

まずお酒が弱かったら、その旨バーテンダーさんに伝えればいろいろと相談にのってくれます。もし何か知っているカクテル(ジントニックやホワイトレディやモスコーミュールとか)があればそれを注文すれば大丈夫です。

私は1杯で終わる時もありますので、軽く1杯でも全然大丈夫。

あとノンアル系を飲んでる方はあまり見かけませんが、体調がすぐれない時はサラトガクーラーとかを注文してみましょう。バーテンダーなら(ほぼ)必ず知っていますので。

お酒が飲めない方はバーではなくて食事中心の店の方が楽しめますよね。

rocketboy-miya.hatenablog.com

料金システムはどうなっているのか

お通しみたいなものはあるのか、ドリングはだいたいいくらぐらいなのか。

先日京都に行ってバーを数軒まわりましたが、2杯飲んで大体3000~3500円でした。チャージが1000円、1杯800円~1300円ぐらいなのでしょうか。ただ私がよく行くところはチャージ無しで、カクテルやハードリカーも600~1000円ぐらいです。料金は場所にかなり影響される感じですね。

お通しも様々。ナッツやチョコが出るところや、何も出ないというのも普通です。フードも様々で凝った料理を出してくれるところもあります。

それと女性でしたら「今日の予算はこれくらいなんですけど・・・」と最初から言ってしまっていいんじゃないかなーと思います。ま、男だと・・・さすがに言えないけど(汗)

rocketboy-miya.hatenablog.com
rocketboy-miya.hatenablog.com

人見知りのアラサー女ひとりでも大丈夫なのか

うわーこいつ一人で飲んでるよ…とは思われないだろうか。出会い目的だと思われないだろうか。(これは自意識過剰なだけかもしれない)

全然大丈夫ですし、誰もそんな目ではみていないと思います。基本的にバーって一人で酒を飲むところだと私は思っていますので。そして居心地が悪かったらサクっとお勘定です。

また私は初めての店の場合、もし時間が合えば開店時間に合わせて1番で乗り込む時もあります。先日の京都旅行でのカルヴァドールも祇園サンボアも開店と同時にインしてマスターといろいろお話することが出来ました。

rocketboy-miya.hatenablog.com

完全に当ブログの過去記事リンク集になってしまいました。


【家呑みブログやってます】
今夜は家呑みひとり酒

カクテル大事典800

カクテル大事典800

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2003/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

*1:「はてな匿名ダイアリー」およびその利用者の俗称