読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

まぐろの酒盗クリームチーズが旨い

酒盗とクリームチーズの組み合わせ

家飲みの時にはこのまぐろの酒盗とクリームチーズという組み合わせのツマミが気に入ってます。作り方はフィラデルフィアの一口サイズのクリームチーズの上に酒盗をのせれば完成です。そしてキュウリを添えれば完璧ですね。

R0010674-001

酒盗というのは魚の内臓を塩漬けにして発酵させたもので、おおよそ一年間熟成させたものです。塩辛は内臓でなくても構いませんし、発酵させるだけなので、酒盗の方がより条件面で厳しい感じかな。今まではカツオの酒盗が定番でしたが、最近はスーパーでもマグロの酒盗を見かけるようになりました。まさに和製アンチョビ。

この組み合わせなんですが・・・もう味濃くて濃くて・・・酒がクイクイ進んでしまいます。まさに酒飲みのため組み合わせ。

この日の久保田はもちろん頂きものです。

赤ワインと酒盗クリームチーズ

P2240019

そしてこれは別の日で、酒はチリの赤ワイン モンテス・アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨンでした。まぐろの酒盗クリームチーズ...(塩分が気になるところですが…)妙に酒がすすみます。

ちびちびツマミますので、家飲み後半はこれだけでいい感じですね。

それにしてもモンテス旨すぎ。


「発酵食堂 豆種菌」の 麴の料理

「発酵食堂 豆種菌」の 麴の料理

  • 作者: 伏木暢顕
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2011/09/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る
魚を一尾、さばけたら!?―濱田美里のお魚教室 お刺身から煮魚、自家製干物や手作り塩辛まで、シンプルレシピ150!

魚を一尾、さばけたら!?―濱田美里のお魚教室 お刺身から煮魚、自家製干物や手作り塩辛まで、シンプルレシピ150!