読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

書かない手帳術 - 来年も紙の手帳は専門手帳 - 鉄道手帳と天文手帳の魅力

テキスト 日記 考え方 鉄道

結局書かない紙の手帳

 前回の記事で、新さんまを食べて夏の終わりを実感した事を書きましたが、そろそろ来年のカレンダーや手帳の予約も始まっており、早くも来年に向けての準備が始まろうとしています。というか1年過ぎるの早すぎ。

その中でもやはり「ほぼ日手帳」のラインアップ発表時期は盛り上がりますし、「今年こそは"ほぼ日手帳"頑張るぞ!」「やっぱり毎年買ってしまう"ほぼ日手帳"!」といったエントリーもこれからたくさん出てくるんだと思います。私ももちろんカバーと一緒にほぼ日手帳を購入しています。

この革カバー ヌメとファブリックのマキノコレクションのキラキラ。んー改めて見ると結構いい感じ。右のキラキラを男の私が常時持っているイメージはあまり湧かないものの、気に入ったカバーと共に使っていくほぼ日手帳は楽しいものです。ただ、手帳本体は....真っ白けです。でも買った当初はこんな感じで書くんですよね。


スケジュールというか単なる映画のメモなんでしょうが、素晴らしく頑張ってる感じがする(笑)でも.....その後は真っ白なのは言うまでもありません。

ようは純粋なスケジュール管理、タスク管理はGoogleカレンダーやDueというアプリで事足りますし、「今日の振り返り」とか「ライフログ」を紙の手帳に書くという事自体が僕には出来ないんだと思います。そう結論づけまして2015年度のほぼ日手帳は購入しませんでした。ただ上記(意外と豪華な)カバーがありますので、「取り敢えず中身だけでも買っとく?」という事態になる可能性はなくは無いですが、結局真っ白いままなのは確実ですので、なんとか買わないよう踏ん張るしかありません。

手帳のデータはクラウドに

 結局手帳に書くような項目はデータとしてクラウド上で管理するほうが入力も管理も楽ですから、このGoogle純正アプリを使うかどうかは別としてGoogleカレンダーで事足りることがほとんどです。

Googleカレンダー

Googleカレンダー

  • Google, Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

そして私はこのCalenGooというアプリを何故か使い続けています。英語なのに。

CalenGoo - for Google Calendar and iCloud

CalenGoo - for Google Calendar and iCloud

  • Dominique Andr Gunia
  • 仕事効率化
  • ¥840


専門手帳を予約する

 来年も手帳のデータはクラウド上で管理していきますが、何故か私は「紙の手帳」も買い続けており、それはいわゆる「専門手帳」と呼ばれるものです。タモリ倶楽部で過去2回放映されているので、ご存知の方も多いと思うのですが、2014年1月には海上保安ダイアリー、鉄道手帳、農家日記、野鳥手帖仏教手帳が、2014年12月には花研手帳、天文手帳、クラブダイアリー、鉄道手帳、歴史手帳が紹介されていました。ようはごくごく限られた人たちの間だけで使われている手帳が専門手帳です。

タモリ倶楽部
  • 2014/12/12 今年は買い替えのタイミングばっちり! 専門手帳フェア2015
  • 2014/01/31  買った手帳がしっくりこない人必見! 超専門手帳2014


専門手帳は「ダイアリー編」と「資料編」に分かれているものが多いのですが、基本的にパラパラと見ているだけで楽しいですし、眺めるたびに手帳内に書かれている様々な情報を思い出し、イベント情報を忘れることが少なくなった.....気がします。 私が毎年買っているのがこの2冊です。

この手帳自体持ち歩くことは少ないのですが、必ず目に付くところに置いておき、週に数回パラパラと読んだり眺めたりする感じです。この習慣が無くなることはちょっと考えにくいほど日常生活に馴染んでます。もちろん手帳ですので書き込めるスペースは十分にあるのですが、やっぱり書くことはありません。

ちなみに鉄道手帳の2015年版は、東海道新幹線開業50年記念で新幹線の資料追加、そして寝台特急パーフェクトガイドの復活、定番のJR車両の形式記号や番号の読み方、貨物の運行路線の一覧、そして国内全駅網羅のカラーの路線図等、まぁとにかく楽しいです。天文手帳は大きさからしてザ・手帳!という感じ。でも逆にスケジュール部分は1週間単位なので使いにくそうですが、なんたって回転する星座早見表が手帳内に(驚)ついていますし、写真を撮りに行く時に普通に知りたい日出、日没、月出、月没、月齢情報がのっているので、これも毎年買い続けています。でもこの手帳に何か書くことはありません(笑)

鉄道手帳の2016年版は既に予約が始まってます

鉄道手帳[2016年版]

鉄道手帳[2016年版]

天文手帳の2016年版は11月以降の発売でしょうか

天文手帳 2015年版: 星座早見盤付天文ポケット年鑑

天文手帳 2015年版: 星座早見盤付天文ポケット年鑑

気になる手帳の予約と入手

 上記の鉄道手帳は既に予約が始まっていますし、あと野鳥手帖も仏教手帳も気になっています。ただ手帳形式でなくて専門書買えよって感じもするんですが、暦と連動している情報を見て確認することが日々の生活の中でちょっとした楽しみになっているので、まずはなんとしても確実に入手できるよう頑張るしかありません(実は意外と売り切れる時もあり、タモリ倶楽部での放映があると入手困難になる手帳も)。

もう私は紙の手帳に書くことは無いと思いますので、ほぼ日手帳2016のラインアップの発表なんて全然関係ありませんが、なんとなく気にはなっています……。買いませんけどね、多分。



関連手帳

仏教手帳2016年版

仏教手帳2016年版

野鳥手帖2016 鳥たちと一年を過ごすダイアリー

野鳥手帖2016 鳥たちと一年を過ごすダイアリー

  • 作者: 特定非営利活動法人バードリサーチ
  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

こんな記事も