読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

やけ酒じゃない飲み方、まずは旨い酒と肴をじっくり楽しむのが一番

酒に逃げるとは

はてな匿名ダイアリーでの増田の記事

酒に逃げるとかいうもの
http://anond.hatelabo.jp/20131107143013

 私はほぼ毎日お酒を飲みますが「酒でも飲まないとやってられないぜ」って思ったことは無いんですよね。それって毎日飲んでいるから・・・という訳でもないと思ってます。

 これはいわゆる「やけ酒」ってことなんでしょうが、何か嫌な事があったり許せない出来事があったりした場合に憂さ晴らしで酒を飲むっていうのは確かによくないですよね。

いい酒、いい人、いい肴

R0014068
 旨い酒を飲みながら肴をつまむってほんと楽しいしシアワセな気分になります。大好きな福島の酒「写楽」や「風が吹く」、そして埼玉の酒「神亀」なんかの定番酒をちびちび飲みながらお刺身や焼き魚、おでんとかをつまむ。そして白湯(さゆ)を飲む。ホロ酔いほわぁ~ん。

 そうしていると、もし会社で嫌なことがあったとしても、いい酒・いい人・いい肴に巡り合えれば、目の前の酒と肴に集中できて気分もよくなります。結果的にそれが自然と気分転換にもなっていくのかなと思います。それは「酒に逃げる」とは言わないような気がするんですよね。

かわらないもの

R0014978
 我々は日々会社や家庭で何かしら問題や変化が起きて、それに対応していかなければなりません。でも居酒屋っていつ行っても数カ月ぶりに行っても前と同じ。そのいつも同じだからこそ落ち着くし、そこで酒を飲んでいると急にひらめいたり、悩んでいたことが小さいことのように思える時もあるんですよね。

 あと増田が書いてるジョギングの話。ジョギングはジョギングでまた別ですよね。これは健康のためということもありますし、汗をかいて毒素が抜けていく感覚って気持ちいいですもんね。そしてこれからも美味しいお酒を飲むことができるように、週末だけですが僕もランしてます。1回6キロぐらいですが「酒飲みこそ週末ランのススメ」です。

 ま、お酒って"やけ酒"的に飲むんじゃなくて、季節感のある肴を楽しみながら、居酒屋での居心地のよさを楽しみながら飲むのが一番です。


 なんだかまとまらなくてスイマセン!


 以上です。


【こちらの記事も】

ひとり飲みで一番嬉しい時は、気の合う飲み仲間と店で偶然会えたとき - Rocketboy Digitalひとり飲みで一番嬉しい時は、気の合う飲み仲間と店で偶然会えたとき - Rocketboy Digital

おなじみさん今までひとり飲みについていろいろと書いてきましたが、毎回毎回じっと一人で、黙って、恐い顔して飲んでいる訳ではありません。今日は誰とも話したくないなー...


【そして、ついに発売!「吉田類の酒場放浪記」10周年記念サントラ(笑)】

酒場放浪記 サウンド・トラック

酒場放浪記 サウンド・トラック