Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

せんべろ酒場のススメ、そして王道、そして流儀

皆さんは「せんべろ酒場」には、行ったことがありますでしょうか?

「せんべろ」、つまり「1000べろ」。1000円でべろべろになれる酒場、それを「せんべろ酒場」と言いますが、さすがに1000円でべろべろというのは少し無理があります。


せんべろの定義ですが、

  • 2人で訪問
  • 最初はビールで乾杯
  • お酒はもう1種類飲めて(×2人)
  • 料理は3品程度たのむ
  • そしてお会計が2人で2000円以内
  • ということで1人あたり1000円以内=せんべろ

という感じだと思います。さすがに1人1000円以内だと、ビールの次にあと1杯しか飲めませんので、べろべろって感じにはなりませんが、ホロ酔い気分で気持よくなりますよね。


都内だと、赤羽「いこい」、赤羽「丸健水産」、池袋「酒場 ふくろ」、王子「山田屋」、十条「斎藤酒場」、上野「たきおか」、門前仲町「魚三酒場」あたりがせんべろ酒場という感じです。

赤羽「まるます家」、門前仲町「大阪屋」、北千住「大はし」、押上「松竹」とかは、2000べろ圏内なので、ある意味高級店です(笑)


1000円以内に押さえて、最初にビールで乾杯ってことになると、これはもう瓶ビールになります。大瓶で400~500円だとテンションあがります。「とりあえず生!」とか、みなさん言いますが、生というのは「高くて」「量が少ない」ので、これからは1人飲みでも普通に瓶ビールがオススメです。


さてつまみですが、まずはすぐ出てくるものをたのむ、これが重要です。冷奴、ポテサラ、谷中生姜、塩ゴマキャベツ、モツ煮とかをオーダーしておけば問題ありません。そしてこの時点で、時間のかかる串焼き系もオーダーしておくのはありです。


刺身が食べたい場合は「盛り合わせとかってあるんですか?」なんて聞いた瞬間、店中の常連全員がこっちを向いて凍りつくので要注意です。せんべろに刺盛りなんてものはありません。あるのは「まぐろぶつ」と「たこぶつ」。これを頼んでおけば周りからも安心され、認められます。2人で行ったら「まぐろぶつ」と「たこぶつ」の両方を頼んで分け合って食べましょう。これを「ぶつぶつ交換」というのは言うまでもありません。


さて次の料理は、フライ系で決まりです。ハムカツ、イカフライ、アジフライが鉄板。トンカツとか高級すぎてせんべろ界ではオーダーすることができません。


お酒の2杯めは、まずはメニューを見る、そして周りを見る。常連達が何をたのんでいるのかをちょいちょいチェックしておきましょう。なるべくそのお店ならではの酎ハイ系、サワー系、ハイボール系を見つけるのがオススメです。甲類の焼酎に謎のシロップを入れて飲むディープさが「せんべろ酒場」ならでは。ハイボールも焼酎ハイボールが普通です。場合によっては1杯180円とかで飲める謎の酎ハイを飲むことができます。


それと料理は、食べ終わってから次をたのむこと。カウンターやテーブルに料理を並べておくのはみっともないです。


という事で、「せんべろ酒場のススメ、そして王道、そして流儀」は以上になります。今日もせんべろ酒場で楽しくお酒を呑んじゃいましょう。


せんべろ探偵が行く (集英社文庫)

せんべろ探偵が行く (集英社文庫)

東京★せんべろ食堂

東京★せんべろ食堂

  • 作者: さくらいよしえ,せんべろ委員会
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2010/04/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る


【家呑みブログやってます】

ジャック・ジョンソンを聴きながら黒霧のお湯割りを飲む - 今夜は家呑みひとり酒ジャック・ジョンソンを聴きながら黒霧のお湯割りを飲む - 今夜は家呑みひとり酒

ご無沙汰しております。何故か読者さんにお酒を飲んでる方が少ない気がしてるロケットボーイみやです。メインのブログRocketboy Digitalの方はやはり色々...