読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

地元のクラブを応援するということ ... 浦和レッズのシーズンチケット継続購入完了

スポーツ 日記

私のプロフィール欄には「お酒とカメラと音楽が好きです。」と書いてありますが、もうひとつサッカー観戦も好きで日常の中でごくごく普通に観に行っています。海外サッカーや代表戦もそれなりにはTVで観ますが、やはり地元クラブの浦和レッズ(浦和レッドダイヤモンズ)を応援しているので、シーズンチケット(年間シート)(以下シーチケ)を毎年継続購入し埼玉スタジアム2002に足を運んでます。

先日早くも2014年度のシーチケ継続購入の申し込み案内が来まして当然のようにクレジット決済を済ませたところです。シーチケというのは

Jリーグのホームゲーム 17試合
ACLかナビスコのホームゲーム 3試合
計20試合

上記のチケットを一括で購入するのですが、私のSA指定席(バックスタンドのロアー中央)だと1席あたり66,500円で、2席買いますので133,000円になります。ゴール裏の自由席であれば1席36,000円です。多少割引かれてはいるものの、13万を払うのは正直キツイのですが、まぁ毎年のことですしボーナス一括のこの時期、そして年末調整の季節ですのでなんとか乗り切れます。

それと毎年継続していると(指定席の場合は)基本的に同じ席になります。つまりホームスタジアムにおいては何年にも渡りずーっと同じ席で観ることになります(変更することも可能です)。よって周りの方々もほぼ継続の人たちですし、あいさつぐらいはする仲になりますので雰囲気的にもまずまずです。(たまにコーチ野次のおっさんが紛れるとちょっと面倒)

もう一つ、私の場合は今の席が運良くとても良い席なんですよね。なので継続しないと今の席を手放すことになるわけで、それは絶対に出来ないということもあって、今後も一生払い続けていくのでしょう。もちろん爺さんになってもスタジアムには行くと思いますし、今でもお年寄りのご夫婦が一緒に応援に来ている姿もたくさん見かけますので、私もそうなっていければいいなと思ってます。

それとこれはどこのクラブでも一緒だと思いますが、シーチケホルダー全員に特典グッズが貰えます。以前はチケットホルダーだったのですが、最近はバッグ類が多く、来季はタオルキット(?)のようです。

R0013594

地元にプロスポーツチームがあって、スタジアムに通うことが出来る環境があるということはとても幸せなことだと思ってます。地元のチームだから、地域に根付いているクラブだから、という理由で応援するのが一番素直な気持ちで応援できますからね。

それに浦和というクラブは、ここぞという時に勝てないことが多くて、「なんだよー」とか思いながらも通い続けていると、とても気持ちの良い勝利で気分よく帰れることもありますし、またスタジアムでビールを飲んだり、ゲーム後の打ち上げ(反省会)も楽しいものです。

もう1チーム大宮アルディージャというクラブも同じ市内にホームスタジアムがあり、両クラブともJ1というのが冷静に考えると凄いことですよね。以前は浦和がホームの時は大宮がアウェイ、大宮がホームの時は浦和がアウェイという日程だったので、場合によっては1年中Jリーグ漬けになれたりします。大宮公園内にあるNACK5スタジアムも氷川神社の参道を歩き氷川だんごを食べながらのんびりと行けますのでそれはそれで味があります。

2013Jリーグディビジョン1も残り3ゲーム。レッズは、川崎F(31節時点6位)、鳥栖(14位)、C大阪(5位)との対戦が残ってます。現在1位の横浜FMと4位鹿島の勝ち点は1差づつの3差しかありません。こんな接戦で面白いリーグってあるんでしょうかねー!よって、とにかく勝つ、すべて勝つ、何がなんでも勝つしかありません。チームの調子が良くない時はこちらも不安になりますが、今は「負ける気がまったくしない」ので絶対に勝ってくれると思います。

年間20日間だけですが、地元のクラブを応援しに地元のスタジアムに通うのはほんと楽しいです。


R0014269
これは国立です。悔し!


以上です。


浦和レッズあるある

浦和レッズあるある

  • 作者: 浦和レッズあるある研究会
  • 出版社/メーカー: ティー・オーエンタテインメント
  • 発売日: 2013/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
一途―山田暢久20周年メモリアルBOOK

一途―山田暢久20周年メモリアルBOOK