読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

【駄】バーでジン・トニックを撮ってFacebookに上げる

ジン・トニックを縦位置で撮る

IMGP5145
 バーでの一杯目は、ジン・トニック、ジン・リッキー、ジン・バックとジンベースのカクテルを注文する事が多いです。レシピは以下のような感じですが、結構バーによってその美味しさは変わってきますので、旨いジン・トニックを飲むことができるバーを探して通い続けてます。

標準レシピ  
ジン・トニック ドライ・ジン - 適量、トニックウォーター - 適量、ライムカット又はスライス
ジン・バック ドライ・ジン - 45ml、レモンジュース - 20ml、ジンジャーエール - 適量
ジン・リッキー ドライ・ジン - 45 ml、ライム - 1/2個、炭酸水 - 適量

 そしていつものクセで、ついついカメラを向けて撮ってしまうのですが、かなり暗い店内でもISO 400ぐらいで撮りたくなる時があります。もちろんISO 12800で撮っても全然いいのですが、急にバーで低感度で撮りたくなる病が発症します。上の画像は F3.5、0.4秒、ISO 400、補正+0.3、35mmで頑張ってますが、正直どうでもいいシャッタースピード0.4秒、ISO感度400です。

IMGP5175
 さぁここでおじさんは「結構よく撮れたからFacebookにアップしちゃおうかな」という誰からも期待されていないダメな衝動に駆られてきます。そこで「そのまま上げるのもなんだよな...」という要らない独り言をつぶやきながらカメラ内RAW現像です。そしてランダムにクロスプロセスをかけた結果がこの上の画像。

IMGP5192
 明るいジン・トニックでもいいのだけど、ここでみんな大好き「銀残し(ブリーチ・バイパス)」で現像を行いたくなるのがいつものこと。だから何なんだ...という感じですが、結局ここまで数回現像するものの、一番上のオリジナルをアップしたという...。

 私はFacebookに写真をアップする時は縦位置の写真を1枚だけアップするようにしています。スマホで見てる人がほとんどだと思いますし、縦位置の1枚写真がフィードにのっかってくるインパクトは結構大きいため、複数枚アップしたくてもグッとこらえて出来る限り1枚の縦写真を選びます。自分の写真を「選ぶ」って結構大切な事だと私は思ってます。

ジン・トニックを横位置で撮る

IMGP5139
 とは言うものの横位置でも撮りたくなります。真っ暗な店内ですが、もちろん「低感度で撮りたくなる病」ですのでISO 400です。なんでISO 100や200じゃないんだ、という事にもなりますが、さすがにシャッタースピードとの兼ね合いもありますので...。

IMGP5189
 また調子にのって銀残し(ブリーチバイパス)で現像しますが、なんだか少し気に入らなかったので

IMGP5188
 結局クロスプロセスで現像しました。横位置写真なので特にFacebookに上げることなく、特に日の目を見ることのない画像となってます。この記事で使用できて嬉しいです【駄】



ボンベイ・サファイア 750ml

ボンベイ・サファイア 750ml

キリン タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 750ml

キリン タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 750ml