読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

【京都】南禅寺 / Nanzenji Temple 撮影 / EOS 7D Mark II + EF-S17-55mm F2.8 IS USM

Nanzenji Temple

京都五山、鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ京都「臨済宗大本山 南禅寺」。訪れたのは冬ですので、色づいている木々や花もありません。カメラは既にに手放したくてしょうがない EOS 7D Mark II。一方レンズは大のお気に入りの EF-S17-55mm F2.8 IS USM です。

Canon 広角ズームレンズ EF-S17-55mm F2.8 IS USM APS-C対応

Canon 広角ズームレンズ EF-S17-55mm F2.8 IS USM APS-C対応

仕上がり具合は EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM の方が好みなのですが、やはり解像度の高さ、F2.8通しの大口径、そして3段分の手ブレ補正と魅力が多いのも確か。価格高すぎなのですが。


7D2_4425
まず三門に圧倒されます。


7D2_4443
三門から法堂。


7D2_4454
撮るものに苦慮してる感満載。


7D2_4479
琵琶湖疏水の水路閣。


7D2_4487
ここまでは拝観料無しで撮影可能です。何度足を運んでも飽きることがありません。


7D2_4535
南禅院…だったでしょうか…拝観料を納めた記憶があります。


7D2_4497
疏水(そすい)とは琵琶湖から京都に向けて引かれた水路。明治時代に開削され、発電、物質輸送、上水道など多目的に使われたようです。


7D2_4503
赤煉瓦のアーチを思わせる水道橋。そこに観光客が入ってきますので、ひたすら人がいなくなるのを待ったり、人を入れて撮ったり。


7D2_4505
なぜ方丈庭園等を撮らなかったのかは思い出せないのですが、結局かなりの時間この「水路閣」にいました。


関連記事




おひとり京都の春めぐり (光文社知恵の森文庫)

おひとり京都の春めぐり (光文社知恵の森文庫)

旅鞄いっぱいの京都ふたたび ~文具と雑貨をめぐる旅

旅鞄いっぱいの京都ふたたび ~文具と雑貨をめぐる旅

おじさんの京都

おじさんの京都