読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

リコーGR ... ファームアップで追加された47mmクロップで酒の肴を撮る

写真 カメラ 居酒屋

RICOH GR 機能拡張ファームウェア公開

2013年10月初旬に リコー GR の最新ファームウェア v2.03 が公開されました。バグフィックスのようなアップデートではなく、初めてのアップデートにもかかわらず機能拡張込みのメジャーバージョンアップというのがリコーらしいです。

最初に「おっ」と思った機能拡張がこの2点。

  • Pモードで、開放優先のプログラム線図選択が追加
  • 35mm(35mm判換算)だけだったクロップ機能に、47mmが追加

まずPモードとMモードに開放優先のプログラム線図選択が追加された件は、今まで絞りF4始まりだったPモードをF2.8の開放始まりに設定できるため、これは居酒屋で酔っ払って撮影する時はとても便利。

そして寄るのが趣味の私にはクロップモードに「47mm」が加わったのがとても嬉しいです。47mmというのはほぼ「標準レンズ」の画角ですし、ピントもズバッと合います。

クロップというのはいわゆるトリミングですので、3:2のアスペクトだと通常 4,928×3,264ピクセルですが、47mmクロップではそこから 2,912×1,936ピクセルの画素を切り出すことになります。確かにカメラの性能的にはもったいないですし、後でトリミングしたほうがいいのかもしれませんが、単なる居酒屋写真ということもありますしカンタンズームって感じがなかなか便利です。

47mmクロップ画像

以下、昨日撮影した47mmクロップによる画像です。撮って出しです。

R0015656
バジルフランクですが、奥行きがあるのでもっと絞ってもいいのですが、開放同盟(なんでもかんでも絞り開放で撮る集団)の私ですので先っちょだけにピンがきてます。


R0015677
チーズフライです。食べる前に中身を少し出してみました。フライ系って中身を見せて撮らないとパッとしませんよね?


R0015701
この日はハイボールです。ウイスキーは富士山麓なので、五合目、七合目、山頂、という段階があります。もちろん私は山頂(ウイスキー 1: ソーダ 3)です。それも3杯も飲んだという・・・。


R0015708
川口の居酒屋「谷ツ田」の名物。肉巻き里芋。いやぁ47mmクロップ便利です。


R0015714
かぼちゃ串。これホント便利。


R0015724
ねぎ串。これはいい!w


R0015774
左手に七味、右手にGRを持っての一人撮り。いけてます(笑)


R0015784
しいたけ串。このエロさは47mmクロップならでは。


R0015809
次の店では角のハイボール。かなり酔っ払っていてもこんな感じに。ここでは泡とこの角ハイの2杯。


R0015827
そして3軒目は美味しいイタリアンワインが飲めるお店で急遽4人飲み。最初に飲んだこのSCALA(スカラ社)のリゼルヴァ ドゥリ は、非常に濃厚でタンニンもしっかり感じられて旨いですね。


R0015845
大好きなチーズ。間違いなし。


R0015857
なんかずーーっと真横からのショットが多いですが、もうワインのボトルをクイクイいってますので、ベロベロな状態且つ記憶も曖昧です。


R0015870
ワインは2枚ともホワイトバランスが妙ですけど気にしません!このロッソ ディ カサノヴァ ディ ネリも美味しかった。なんだかイタリアンワインにハマりそうな予感。


R0015862
あーこんなのも撮ってたんだ・・・と後から気づきます。かなり飲み過ぎました。


47mmクロップは画素数が落ちるもののFacebookやブログであれば充分かなと思ってます。


リコーのデジタルカメラは、ファームウェアのバージョンアップでカメラの機能がどんどん拡張されていくので長ーく使えるのがとても気に入ってます。

しかし7万円台とは結構安くなりましたねー


以上です。


RICOH GR パーフェクトガイド (インプレスムック DCM MOOK)

RICOH GR パーフェクトガイド (インプレスムック DCM MOOK)

  • 作者: 森山大道,菅原一剛,川内倫子,小林紀晴,岡嶋和幸,ハービー・山口,大和田良,田中希美男
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2013/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る