読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

【酒】福島の日本酒「寫樂(写楽)」が旨い

寫楽(写楽)という酒

 私が通っている居酒屋で、今大ブームなのが寫楽(写楽)(しゃらく)という酒です。とにかくその居酒屋に通う常連陣は、寫楽が入荷していればほぼ注文します。私は絶対注文します。(以下、写真はいつものRICOH GRで撮って出し、今年の夏に撮りためていたものです)

R0005270

 会津若松・宮泉銘醸の寫樂。実は歴史はまだ浅く平成21年から県外出荷が始まったようです。そしてこれが定番酒。純米です。このラベルは「純愛仕込み純米酒」と「羽州誉純米酒」があったと思うのですが、これはどっちだったか忘れてしまいました。純米とは言うものの、果実の香りが印象的で、味も「米」本来の旨味が感じられます。後味もすっきり。肴も特に選ばない、まさに定番酒。これはずーっと置いて欲しい酒です。


R0006170

 山田錦純米吟醸。ちらっと写っていますが、播州山田錦50%で醸した純米吟醸。これは旨かったですね。もちろん果実香も上品で、やっぱり良い米の旨み、そして酸味、このバランス。そして何よりブラックラベルに金文字!カッコイイ!今度空きビンをもらって帰ろうかな。


R0003136

 この寫楽は純愛仕込みの純米吟醸だったと記憶しています。というか写真をじっくり見たらラベルに書いてあった。純米吟醸の定番酒です。米は「五百万石」だったと思いますが、とにかく寫楽はしっかりと旨みがあり、キレがあるのが特徴です。やっぱり日本酒は米ですねー。


R0007442

 そしてひやおろしです。ひやおろしとは、春にできた新酒を夏の間貯蔵をして、秋頃から瓶詰めを行って出荷したものを言います。これは寫楽 なごしざけ 純愛仕込み 純米吟醸。もう文句なしです!こんな上品で爽やかな気分になる酒ってそうそうないです。毎回同じ感想ですが、果実香、酸味、キレ、旨み、もうどれをとっても素晴らしいのです。正直言って、肴、つまみはいらないくらい、夢中に酒だけを飲んでしまう感じです。

 あともう1種類「寫楽 酒未来 純米吟醸」があったはずなんですが写真が見つからず・・・・ということは売り切れていて飲んでなかったのかな・・・・ラベルが印象的だったので覚えているのですが。

 福島の酒は他にも旨い酒ばかりでして、国権天明飛露喜風が吹くも間違いないですよね。ということで、福島の日本酒「寫樂(写楽)」がとにかく旨いということで、もしも酒屋や居酒屋で見つけたら飲んでみてください。つまみ要らないぐらい旨いのです。


 以上です。


【日本酒関連書籍必読書】

日本酒 (岩波新書)

日本酒 (岩波新書)

愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち (ちくま文庫)

愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち (ちくま文庫)

純米酒を極める (知恵の森文庫)

純米酒を極める (知恵の森文庫)


【家呑みブログやってます】

ジャック・ジョンソンを聴きながら黒霧のお湯割りを飲む - 今夜は家呑みひとり酒ジャック・ジョンソンを聴きながら黒霧のお湯割りを飲む - 今夜は家呑みひとり酒

ご無沙汰しております。何故か読者さんにお酒を飲んでる方が少ない気がしてるロケットボーイみやです。メインのブログRocketboy Digitalの方はやはり色々...