読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

【酒】居酒屋における常連のたしなみ

常連のたしなみ

R0006203

 どの居酒屋にも常連さん、おなじみさんがつきもので、一定の常連さんがいてこそ居酒屋というのは成り立っているのは間違いありません。

  常連さんは、店の外ではそのお店のことを宣伝してくれますし、基本的にその店を守り、盛り上げてくれます。そして私みたいな変わりもんは、お店のことを食べログにはアップせず、こんなマイナーなブログの中で、料理の写真をアップするという、ある意味奇妙なお節介な行動をする人も出てきます(希)

  あと常連さんは、通う頻度が多いため、客単価は低めです。お酒はビール1本、日本酒1合、料理も2品程度。ようは店としては、そんなに儲からない客だけど、この人がいてくれるお陰で、その波及効果が感じられ、巡り巡って店の売上にも影響が出てくると思ってくれてるからこそ、大切にしてくれるのです。まずこの認識が重要です。

 

 そしてもし自分が常連だと思っているのであれば、さすがにこれくらいのたしなみは、身につけて欲しいと感じてます。

 

混んでいれば諦める

 暖簾をくぐって今日は馴染みの店が満席。そしてたら「じゃ、また寄るわ」と言ってサクッと帰りましょう。馴染みの店が混んでるってことはとっても良いことです。それを無理やり隙間をこじ開けてもらって座るとか・・・・・やめましょうよ。あなたがいなくたって、今日はちゃんとお店は繁盛しているのです。こんな日は他の居酒屋で飲めばいいのです。

 

お店の人とのやりとりは適当に切り上げる

 とにかく固有名詞や隠語使いまくりで、お店の人となが~く話すのは・・・・・やめましょうよ。周りのひとり吞みのお客さんとかが疎外感を感じるでしょうし、確かに通ってる頻度が多いから「常連」かもしれませんけど、決して「上客」じゃないような感じがするんですよね。

 

長っ尻はしない

 長居してなかなか帰らないことを長っ尻(ながっちり)って言いますが、これはホントみっともないです。どんどんお店が混み始めて、新規のお客さんが入れないようだったら、まず自分から席を立ちましょう。だからという訳でもないですが、肴も出てきたらなるべく早く食べる。これ重要です。それに新規のお客さんと店長さんの会話が順調そうだったら、常連はそっと席を立ってお会計して、いつのまにか店を出る。

 

 おわりに

 ということで、「オレは常連オーラ」ギンギンって、ほんとカッコ悪いので、自分に言い聞かせる意味でも書いてみました。

 

以上です。

 

東京 大人の居酒屋

東京 大人の居酒屋

酒場歳時記 (生活人新書)

酒場歳時記 (生活人新書)