読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

今週の居酒屋-酒と料理の備忘録(料理・酒おがわ)

居酒屋

 週末、そしてお盆休み突入、ということで、今週居酒屋で飲んだお酒と、美味しく頂いたお料理を紹介するという、なんとも参考にならない記事でサラッといかせて頂きます。今週の居酒屋、酒と料理の備忘録、アメブロっぽく。

 

 これはいつも定番としてオーダーしている「じゃこピーマンです」。いわゆるグランドメニューの大皿料理になります。ビールと一緒に序盤で食べることが多いです。1品目はすぐ出てくる肴をたのむ、これ重要です。

 

 最近は、寫樂(しゃらく)という酒が美味しくて、あれば必ずたのみます。これは普通の純米ですが、安いのに結構飲めますね。これなら純米吟醸でなくても全然OKでしょう。

 

 鯨のユッケがあれば、ほぼ必ずオーダーします。 クジラもいつまで食べられるのかわかりませんもんね。今は食べることの出来ない牛肉のユッケに勝るとも劣らない感じがします。好きです。

 

  鱚(キス)の天ぷらです。天ぷらは塩派が多くて、天つゆ派の私は最近肩身が狭いのですが、板長さんが、塩と天つゆ、両方用意して頂けました。日本酒が進みすぎます。

 

 墨廼江(すみのえ)は特別純米。これも安くて旨い。 

  

  左が麓井(ふもとい) 生酛 ・純米吟醸 山長(ヤマチョー)、右はこれぞ辛口、乾坤一(けんこんいち)純米吟醸生詰原酒「雄町」。乾坤一は前回の超辛口より飲みやすく、酸を感じながら、コクもキレもあるいい酒でした。

 

 これは別の日の寫樂(しゃらく)。この酒は日本酒が好きな人にも、まだまだ日本酒の旨みを知らない人にもおすすめできる酒です。 

 

 この日は晩酌セットの日でしたので、先ほどの寫楽とお刺身のセットを。 

 

  冷製茶わん蒸しです。夏はやっぱり冷製がいいですよね。

 

  かき混ぜて、食べます。これが意外と酒のアテになるんですよね。

 

 獅子の里の純米吟醸。相変わらずユニークなラベルですが、どう考えてもわざと裏表逆に貼ってますよね。すっきり系ですがこの日の料理と一緒に楽しめました。

ラベルの「あなた色に染まります。」・・・素晴らしい言葉だ。   

 

  そして夏野菜のおこげ。昨年も頂きまして、待ってましたの一品です。

  

 山椒をたくさんふって、香りを楽しみながら夏野菜を食べるのが美味しいのです。おこげも間違いなし!この写真を1人で撮るのはなかなか難しいのです(笑)

 

 ということで、これは決して1日でこれだけ飲んで食べたという事ではありませんのでご心配なく。

 

こちらからは以上になります。