読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

夏の家飲みカクテル「ライチ&ライム」が美味い

夏カクテル

 夏のカクテルと言えば「モヒート」、そして「ミントジュレップ」、この2種類のカクテルは夏に飲むと、とても美味しいですよね。

 

ただ、家飲み、宅飲みとなると、モヒートとかを自分で作るのは少し面倒です(既に出来上がったモヒート的なドリンクは売ってはいるんですけど)。それに自分で作るモヒートと、バーで作ってもらうモヒートでは、かなりの差がありますので、自分でモヒートとかを作ると結構落ち込むんですよね。

 

となると今、この季節、家飲みで作るカンタンカクテルとなると、少し前に書いた記事ですが、これらは今でも作る回数が多いです。

 

 

そして本日はバーで教わってきた、家飲みでも十分作れる夏のカクテルを作ってみました。正式なカクテル名はないようですが「夏の家飲みカクテル」として定番化しそうです。写真は飲みながらの撮影です。

 

ライチ&ライム

カクテルの名前は仮称「ライチ&ライム」

レシピは

  • ライチ・リキュール(DITA ディタ)
  • 炭酸(今日はウィルキンソン)
  • ライム(生のライム 1/2〜1/3)
  • シロップ(ガムシロップで代用)

になります。

ライチ・リキュールと炭酸の割合はお好みですが、リキュール 1 に対して、炭酸が3〜4ぐらい。そしてライムを思いっきり搾る方が、このカクテルならではの夏らしさがきわだちます。シロップはガムシロップでOK。これはお好みなんですが、辛口好きの私でも少し入た方が美味しかったです。

 

DITA ディタ 

今回使った DITA というお酒ですが、フランス生まれで、度数24度、エキス分25%のライチ・リキュールです。海外では "SOHO" (ソーホー)という名称で販売されることが多いです。

今回のレシピで入手が少し面倒なのが、やはり

  • DITA(ライチリキュール)
  • ライム(生)

というこの2つ。ただリキュールを置いてあるお店であれば、DITAは大抵入手できますし、生のライムはローソンストア100が近くにあれば大丈夫、ほぼ入手できます。


ぐびぐび、ぐびぐび!これはほんと美味しい!

ジム帰りなんかにもピッタリなカクテルだと思いますし、基本混ぜるだけのカンタンレシピなのがいいです。

それと、なによりライチですので女性に人気だと思いますので、家族に対して、奥様に対してのポイントアップは確実です(実践済)。ですので、やはりガムシロップは用意しておくと安心ですね。

おわりに 

 これはバーで作って頂いたライチ&ライム。このDITAは日本人による限定デザインのボトル。

と、ここまで書いてきてなんなんですが、調べてみたら、DITAは結構高い!

となると、パライソ ライチ(Paraiso Litchi Liqueur) というリキュールがオススメになります。


ということで、この蒸し暑い季節、家飲みで、爽やか夏カクテルを作りましょ。


こちらからは、以上になります。

 

ディタ ライチ 700ml

ディタ ライチ 700ml

パライソ ライチ 700ml

パライソ ライチ 700ml