読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

居酒屋で一人飲みから生まれる縁

木曜日はなんとなく帰りに一人で居酒屋に入りたくなります。あと一日、明日頑張れば、という微妙な達成感を理由に今夜も一人飲みです。

 

浦和 料理・酒 おがわ

いつもの浦和「料理・酒 おがわ」に入ると、他の居酒屋で知り合った方が先にいらっしゃっていて、その隣に座らせて頂きました。ぶらっと入ったお店で「あ、どうも〜」なんて知り合いと会えるのもいいもんです。

今日は瓶ビールのラガー赤星からのスタートです。

そもそも一人で飲むようになると、そのお店・お店の常連さんたちとは自然と顔なじみになっていきます。

仕事関係以外で、お酒が好きという共通項目のみで、人と人とが繋がっていくのはちょっと楽しいです。

タコのお刺身が今日の晩酌セット。ぷりっぷりです。

不思議な巡り合わせの縁を「合縁奇縁(あいえんきえん)」といいますが、そういう縁こそ大切にしたいですよね。

でもこの言葉は男女の縁について使う事が多いんですが、まぁ居酒屋での縁も含まれるでしょう。

この島根の日本酒・扶桑鶴(ふそうづる)はピリっとしていて、かなり美味しかったです。当たりです。

「縁尋機妙(えんじんきみょう)」という言葉もあります。良き縁がさらによい縁を尋ねていくこと、つまり会社と自宅の往復だけでは得られなかった繋がりが、生まれてきたことは本当に機妙(奇妙)ですし、基本的に友達少なめのぼっちの私ですので、縁が縁を生んでいくのを実感してます。

今日の焼き魚は「イシモチ(石持)」でした。これで600円はお得ですよね。

焼き魚は絵になります。ずっと撮り続けていたいです(本音)。ちなみにこの石持、私がオーダーしたものではありませんが・・・吉田類さん的に少し頂いてしまいました。

そうは言っても、常連、顔なじみさんたちと仲良くなりすぎるのも・・・というのは確かにありますよね。居酒屋やBARで会うからこその繋がりであって、そこから連絡先交換して、飲み以外でも一緒に・・・なんてことになると少し面倒です。

それと私は大人数で飲む宴会は少し苦手でして、やっぱり3人飲みがベスト。そして4人までがギリギリ楽しい感じです。5人以上だとそれはもう宴会ですし、美味しいお酒と肴をゆっくりと頂く、という感じではなくなりますし・・・いや、なんとなくなんですけど。

「生湯葉冷製餡かけ」を頂きました。

生湯葉だけでもほんと美味しいのですが、このウニ!エビ!新鮮野菜!がとっても嬉しいです。これは板長さんの思いが込められてるとのことで(笑)いつもありがとうございます。

木曜日はすいている神話は早くも崩れ去りまして、この日の「おがわ」は一時満席状態でした。木曜日が他の曜日に比べてすいていることは確かだと思うんですが、「給料日後の木曜日はそれなりに混む」という"あるある"を追加させて頂きます。

 

北浦和 谷ツ田

そう言えば私のまわりにも居酒屋・BARで知り合った男女が3組も結婚されています。これこそ縁尋機妙ですし、多逢勝因(たほうしょういん)ですよね。(いろいろないい縁を結んでいくと、それがいい結果につながっていくこと)

これは次のお店「谷ツ田」での肉巻き厚揚げ焼き。アイデア賞ものです。

子供の頃「ごはん食べながら喋らない!」と親から叱られた記憶がありますが、居酒屋では口にツマミを頬張りながら、もしくはモグモグ食べながら、ご主人、板長さん、そしておなじみさんと会話しながら織りなす時間がとても居心地がいいのです。

 

dancyu (ダンチュウ) 2013年 03月号 [雑誌]

dancyu (ダンチュウ) 2013年 03月号 [雑誌]

愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち (ちくま文庫)

愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち (ちくま文庫)