読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

カメラのファインダーを覗きながら反芻するコトバ

カメラ

Canon EOS7D EF-S 15-85mm f/5.6 85.0mm ISO200 1/200sec

ちょっと撮影さんぽ行こうかな・・・ と思って出掛けた時、1箇所でだいたい200枚~300枚ぐらいは撮るわけですが 、家に帰ってPCで画像を選んでいくと、それはもう落ち込む訳です。

 

自分の意図したところにピントがきていない写真はまだ「ちっ!」とか(あまり上品ではない)舌打ちをしながら、カメラのAFのせいにしてしまう事も少なくないのですが(本当は自分の腕のせいなんですけど・・・)なによりやっかいなのが

 

  • 撮影時は面白くイイ写真だと思ったのに、PCで見るとツマラナイ
  • 何を写したいかがはっきりしなく、見れば見るほど構図が今一つ

 

これがいちばん辛いんてすよね。完全に自分のせいで面白くない写真を撮ってしまったのですから・・・

 

という事で、毎回落ち込み度が半端ありませんので、それを改善すべく、最近はファインダーを覗いたら

 

「今、何を撮ろうとしるんだ?」

「この構図で、本当にいいのか?」

 

これを頭の中でつぶやき、反芻(はんすう)してます。

 

Canon EOS7D EF-S 15-85mm f/5.6 85.0mm ISO200 1/160sec

「今、何を撮ろうとしるんだ?この構図で、本当にいいのか?」

「この花菖蒲でいいのか?右寄りの構図でいいのか?ちょっと明る過ぎないか?」

 

コレ、意外と効きます。

 

なんでもかんでもシャッターを切るという事が以前よりは少なくなりましたし、何よりPCの前で毒づき、落ち込み、深酒(ふかざけ)することが少しは減った・・・かもしれません。

 

とはいうものの、結局1つの場所で200枚~300枚は撮りますので、ピントがきていないとイライラ度が増して深酒するのはどうにも治りません。

 

ただ、1枚でもオッ!と感じる気に入っ写真がPCのモニターに映し出されると、それはもう嬉しくて、結局乾杯して、深酒して、酩酊してしまいます。

  

Canon EOS 7D EF-S 15-85mm f/5.6 85.0mm ISO200 1/500sec

 小石川後楽園のハナショウブは、約20種類 660株。何を撮ったらいいのか混乱します。反芻しまくりです。