Rocketboy Digital

お酒とカメラと音楽が好きです

居酒屋

行きつけの居酒屋に妻を連れて行く

妻と芝居を観に出かける 私はひとりで居酒屋に行く。よって基本的に妻とは一緒に行かない。というのも、子供がいるとどうしても妻は食事の支度をする必要があり、たとえ子供が大学生になっても就職しても、それはあまり変わらない。よって妻と2人で居酒屋に…

【酒】男女のサシ飲み、女性が1軒目を全額支払うススメ

男と女で酒を飲む場合。支払いは全額男性か、割り勘か。たとえば1日に3軒行くことが予想される、もしくは2軒目がメインであるときは、1軒目に女性が全額支払うことをオススメする。

最初の1杯は日本酒で、という乾杯条例を24自治体が制定。でもビールはゴクゴク飲めて、つまみが大ざっぱでいいからこそ1杯めに飲むのです。

乾杯条例の制定 飲み屋での最初はビールというのは定番ですが、京都や広島など24の自治体が『最初の1杯は日本酒』という乾杯条例を制定しました。 「地酒で」乾杯条例に賛否 まちおこしか、個人の自由か (産経新聞) - Yahoo!ニュース 飲み屋で最初の1杯、…

【酒】女性が「あのお店に行かない?」と飲む店を決めて二人で行く愉しさ

昨日の記事はかなり気を遣って書いてしまいましたが、やっぱりブログってなんとなく気を遣って書くとほぼ読まれませんね(笑)やっぱり断定しないと伝わりませんし、結局何を言いたいの?という事になりますから。 【酒】居酒屋での一人飲みは群衆の中の孤独…

【酒】居酒屋での一人飲みは群衆の中の孤独を愉しむもの

鶯谷「鍵屋」のしきたり 鶯谷の裏通りの一軒家に鍵屋という居酒屋があります。創業は安政三年酒小売商から始まり戦後居酒屋になったようです。今の建物は大正時代のもので、昔ながらの雰囲気が今でも残っている東京を代表する居酒屋です。酒はビールか日本酒…

行くぜ、東北。飲みに。東北で訪れたい居酒屋 ・バー 青森・秋田・岩手篇の計画(地味に更新中)

行くぜ、東北。飲みに。 先日京都へ酒を飲むためだけの旅行をしてきたのですが、自分のまわりには最近東北へ酒を飲みに行く人がとても多いんです。みなさんFacebookで美味しそうな、そして楽しそうな旅行記をあげているのですよ。自分としては京都に行って来…

居酒屋 谷ツ田 移転 - 行けば知り合いの誰かがいる酒場の存在

酒で繋がる人と人 通いつめていた隠れ家的な居酒屋がビル再開発に伴い一旦閉店した。カウンター8席、小上がり2卓の小さな居酒屋だった。地元のお酒好きに愛されて、そこで知り合った仲間と2次会と称してバーやカラオケなんかにもよく行った。 週に2,3回は通…

居酒屋で日本酒の一升瓶を撮るときは、柱と主人を入れるとグッと雰囲気がでる

居酒屋で一升瓶を撮る 居酒屋でお酒や料理の写真を撮っている時、なかなか一升瓶は撮ることができませんよね。そんな中でもなんとか一升瓶を撮り続けている私ですが、以前このような記事を書きました。【酒】居酒屋で日本酒の一升瓶を酔いながらどのようにし…

生ビールが終わり、おでんが恋しくなる季節(でもまだ蒸し暑い)

生ビールが終わる季節 京都の「赤垣屋」や浦和の「おがわ」のように、生ビールは夏の間だけ、という居酒屋は意外と多いです。よって秋から冬、そして翌年の夏まで、ビールは瓶ビールのみということになります。そもそも生ビールとは熱殺菌していないビールの…

【酒】居酒屋「料理・酒 おがわ」で秋の日本酒を愉しむ

浦和「料理・酒 おがわ」でひやおろしを飲む 京都旅行も終わり、普通の生活が戻ってきました。もちろん京都で飲むお酒も美味しいのですが、いつもの馴染みの店で、店主や常連たちと、愉しみながら飲む酒や料理は格別なものがあります。ここ最近、浦和の「料…

門前仲町 ふく田(ふくでん)で仲間と闊達に語りながら飲んで食べる

江東区牡丹「ふく田」 この日は珍しく4人飲み。ちょっとした打ち上げを兼ねていたこともあり、仲間と門前仲町に出向きました。江東区は牡丹町の「ふく田(ふくでん)」。ここは食べログで4点台をキープしている名店です。少しお高いこともあり私は年に1回ぐ…

【酒】ひとり飲む、京都。大衆酒場「たつみ」で相撲中継を観ながら串かつを食べ、そして「祇園サンボア」のホットサンドにホッとする。

COFFEEポケット この日の朝はホテルの近く「コーヒー ポケット」という昔ながらの喫茶店に入ってみる。京都には個人経営の喫茶店がまだまだ残っているのがとても羨ましい。モーニング400円。コーヒーがとても美味しく、サンドイッチと共に頂いた。さあ今日は…

【酒】ひとり飲む、京都。銀閣寺を参拝し、赤垣屋を再訪。そして京極スタンドへ。

東山慈照寺(銀閣寺) そもそも観光が苦手ということもあり、京都に来ても観光地巡りはしないつもりだったが、やはり東山慈照寺(銀閣寺)だけには足を運んだ。室町幕府八代将軍の足利義政によって造営された山荘東山殿を起原として、義政が没後、臨済宗の寺…

【酒】ひとり飲む、京都。赤垣屋で燗酒を呑みながらおでんをつまむ

京都「赤垣屋」で飲む 鴨川をじっくりと眺めるのは初めてです。先日の台風の影響で水位や水質はどうなのでしょうか。さて飲みに行きます。 本当であれば17時ちょうどにインしようと思っていたのですが、少し出遅れてしまい17時半に入店。運良くカウンター残…

【酒】取り敢えず瓶ビール、生じゃなくてビン!「ううっ・・・キンキンに冷えてやがるっ・・・!あ・ありがてぇっ・・・」

ビールは瓶ビール 私が地元の居酒屋で一番最初に注文するのは「瓶ビール」です。生ではなくて瓶(ビン)。さすがに夏は、「生で・・・」と注文してしまう時もありますが、秋、冬、春は、ほぼ瓶ビールでスタートします。 この日はタコぶつとサッポロラガーの…

【酒】福島の日本酒「寫樂(写楽)」が旨い

寫楽(写楽)という酒 私が通っている居酒屋で、今大ブームなのが寫楽(写楽)(しゃらく)という酒です。とにかくその居酒屋に通う常連陣は、寫楽が入荷していればほぼ注文します。私は絶対注文します。(以下、写真はいつものRICOH GRで撮って出し、今年の…

シリーズ「居酒屋にて」第七回 スルー力をいかに身につけるか

居酒屋にて 飲み仲間M氏(以下、M氏)「どもお疲れさまでーす」ロケットボーイみや(以下、みや)「おつかれー」M氏「ブログの調子はどうなんですかー?毎日更新続いている感じですね」みや「読者登録をして頂けるのがほんと嬉しいよね。アクセス数はもう…

【酒】通いたい居酒屋、もう行かない居酒屋

通いたい居酒屋 ひとり飲みでも、ふたり飲みでも、だいたいその街で行く居酒屋やバーというのは決まってきます。平日だと明日のこともあるので、本当に行きたい店で酒を気持ちよく飲みたいですし、楽しく飲んでいい気分で帰りたいのは誰もが思うことです。 …

【京都】居酒屋伝道師 太田和彦さん流 京都ひとり酒~名著「ひとり旅ひとり酒」から

ひとり旅ひとり酒 居酒屋紀行といえば太田和彦さんですが、たくさんの著作の中で1冊選ぶとなると僕は「ひとり旅ひとり酒」を選びます。雑誌『西の旅』に5年間連載した、エッセイをまとめたものです。 帯のコピーは「居酒屋の伝道師、太田和彦がツイーと旅…

【酒】瓶ビールにおけるグラスは小さくて冷えてて薄ハリがいい。日曜日の居酒屋は半沢直樹の影響でガラガラ。

日曜ですが、つくね屋さんにインしました。最近は家族バラバラなので(汗)今日は娘と一緒です(笑)(嬉)(単純) さっそく瓶ビールですが、ここのつくね屋のグラスは小さくて冷えてます。これはとても大切なことです。ビールのグラスって、とにかく「小さ…

【酒】居酒屋ジャズ へい!マスター!厳選10曲

週末である。 酒はお気に入りの音楽を聴きながら飲みたい。今は有線でジャズを流している居酒屋も多いのだけど、やっぱり自分の好きなジャズを聴きながら飲むのは至福の時間である。 特に家飲みだとYouTubeをいじりながら探しながらジャズを聴くのが実に楽し…

【酒】酒呑みが一番がっかりする瞬間、それは酒をこぼした時

週末は居酒屋に 金曜日ということで馴染みの居酒屋に行きました。カウンター8席、テーブル席2卓、そして小上がり最大4名というキャパ20名ぐらいの居酒屋です。暖簾をくぐり店内を見渡します。別に自分の店でもないのに、テーブル席が埋まっているとなぜか…

【酒】お通しにこそ、その居酒屋の個性がでる

初めての居酒屋の暖簾をくぐって、途中で、あれっ?失敗したかな?と思う瞬間があります。それはどんな時だろうな・・・と考えてみますと・・・。 おしぼりが出ないとか、最初の飲み物のオーダーに来てくれないとか、そういういつものルーチン的な行動が削が…

京都特集 Hanako 2013.9.26号で呑兵衛の男が気になった店

Hanako 2013.9.26号「今、ひとたびの京都遊び」特集号 Hanako (ハナコ) 2013年 9/26号 [雑誌]出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2013/09/05メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る 買いました。 今月京都に行こうと思っています。男なのでHanakoと…

【酒】RICOH GR で撮る平日居酒屋はしご酒。明日も5時起き。浦和モルガン / ラ・スカーラ / 北浦和 デクのやまご屋

居酒屋で RICOH GR 前回こんな記事を書きました。【酒】居酒屋写真ブログへの道。どんなに酔っても記憶を無くしても写真だけは撮り続けていた。 - Rocketboy Digital この記事は金曜日でしたのでテンションも高く、4軒のはしご酒を実行したのだと思われます…

【酒】酒呑みの9月、ぬる燗で月見酒の季節

9月になりましたね。 そして来週9月9日は「重陽の節句」(ちょうようのせっく)です。この日は菊に長寿を祈る日であり、菊の花びらを浮かべたお酒を飲むのが習わしになっています。この日から桃の節句までは、酒を温めて飲むという習慣もあったようですね。 …

シリーズ「居酒屋にて」 ブログにおける達成感を探して。

シリーズ「居酒屋にて」第六回 飲み仲間M氏(以下、M氏)「どもお疲れさまでーす」ロケットボーイみや(以下、みや)「おつかれー」M氏「なんか調子わるそうですね」みや「先週から体調崩しててさー全然治らないのよ、まいった」M氏「でも具合悪くても今月…

太田和彦さん流「ひとり飲む、京都」を実現するための計画案

ひとり行く、どこか 先日台湾に行ってきたが、あれは金曜日に休みを取って金土日の週末海外だったので、実はまだ夏休みは取っていない。なるべく9月には取っておかないと取りづらくなるため、9月中旬の3連休と絡めて休もうと計画している。 もう一度台湾…

【酒】居酒屋でひとり飲みの時に主人と何を話すか

ひとり飲みのカウンターで 先日、居酒屋でひとり飲みの時にカウンターで何をするかという記事を書いた際に「お店の人と話す」という項目も入れました。 居酒屋でひとり飲みの時にカウンターで何をするか 定番8選 - Rocketboy Digital お店の人と話す 店長さ…

【酒】酒場で知り合った気の合う仲間とは、またどこかの酒場で偶然会うのが一番しっくりくる

常連との人間関係 馴染みの居酒屋が移転 馴染みの居酒屋(以下居酒屋Y)が一旦閉店しました。また別の場所でオープンすることになるのですが(いわゆる移転)、週1,2回通っていた店が無くなる・・・・という経験は初めてだったので、それがどのような状…

【酒】居酒屋における常連のたしなみ

常連のたしなみ どの居酒屋にも常連さん、おなじみさんがつきもので、一定の常連さんがいてこそ居酒屋というのは成り立っているのは間違いありません。 常連さんは、店の外ではそのお店のことを宣伝してくれますし、基本的にその店を守り、盛り上げてくれま…

居酒屋にて。いい「やつら」だからこそ教育する。

シリーズ「居酒屋にて」第五回 地元飲み仲間M氏(以下、M氏)「どもお疲れさまでーす」 ロケットボーイみや(以下、みや)「おつかれー」 M氏「ブログもなかなか好評みたいじゃないですか」 みや「えっ?どっからの情報よ。もう最近、全然だめ。だめだめ」 …

【酒】居酒屋写真ブログへの道。どんなに酔っても記憶を無くしても写真だけは撮り続けていた。

居酒屋写真ブログへの道 当ブログでは当たり前のように酒の話、酒の本の紹介、ひとり呑みや3人飲みのススメ、ひとり呑みの時にカウンターで何をするか、といったお酒ネタの記事が多く存在しますが、「私はお酒飲めないので・・・」というコメントを頂くこと…

【酒】居酒屋では3人で飲むのがしっくりくる

平日の居酒屋 基本はひとり飲み 私は平日、特に予定がなければ、馴染みの店にひとりで入って飲むことが多いです。いわゆるよく行く居酒屋数件の中で、定休日を考えながら訪問する感じです。定休日って意外とバラバラで、日曜日が休みの居酒屋がやはり多いの…

居酒屋にて。原因はすべて自分にあると思う気持ち

シリーズ「居酒屋にて」第四回 地元飲み仲間M氏(以下、M氏)「どもお疲れさまでーす」 ロケットボーイみや(以下、みや)「おつかれー」 M氏「ブログの更新1日サボりましたよね?」 みや「えっ?気づいた?」 M氏「私、ロケットボーイ・ウォッチャーなの…

居酒屋でひとり飲みの時にカウンターで何をするか 定番8選

ひとりで飲む ひとりで飲む。 これは今でも大っぴらには言えない事で、大抵は「信じられない」という顔をされます。ということもあり、飲み仲間以外にはあまり公言しないんですが、たまに知り合いと、ひとり飲みの話になった時には、「一人で飲んでて楽しい…

今週の居酒屋-酒と料理の備忘録(料理・酒おがわ)

週末、そしてお盆休み突入、ということで、今週居酒屋で飲んだお酒と、美味しく頂いたお料理を紹介するという、なんとも参考にならない記事でサラッといかせて頂きます。今週の居酒屋、酒と料理の備忘録、アメブロっぽく。 これはいつも定番としてオーダーし…

居酒屋にて。居酒屋の三原則と一人論

居酒屋「谷ツ田」移転 地元飲み仲間M氏(以下、M氏)「どもお疲れさまでーす」 ロケットボーイみや(以下、みや)「おつかれー」 M氏「我々の一人飲みの聖地、隠れ家・居酒屋『谷ツ田』が閉店しちゃいましたね。これからどの居酒屋に通えばいいのか途方にく…

はてなオリジナルTシャツ2013への応募と今週美味しかった肴の写真

土曜日は今週居酒屋で私が食べた肴の中で、特に美味しかったものを紹介する日ですね(今決めました)。 でもそれよりも先に書いておかないといけないのが「はてなTシャツ2013」の応募の件です。 はてなTシャツ2013 はてなTシャツ2013ができました! プレゼン…

辛口の酒、ください!と言うと、なかなか好みの酒にたどり着けない

dancyuという雑誌の2013年3月号の特集「新しい日本酒の教科書」は、居酒屋仲間でもかなり話題になった号です。dancyu (ダンチュウ) 2013年 03月号 [雑誌] 巻頭の「銘酒の系譜・日本酒年表」や「日本酒蔵探訪」は定番という感じもしますが、「注目の若手蔵」…

居酒屋で自家製「焼豚」のススメ

居酒屋で自家製の焼豚。これが美味しいのです。 焼豚(焼き豚、やきぶた)というのは、もちろん豚肉料理の一種ですが、豚肉を焼くなどした後、タレに漬け込んで味をしみ込まる、それが完成型、焼き鳥もタレでしか食べない私にとってはまさに至福のツマミ、そ…

居酒屋での料理を露出補正+1.7 しばりで撮ってみたら意外とイケました

先日、居酒屋で料理の写真を撮る際は、とにかく暗いので露出補正を+0.7(+2/3)ぐらいは上げて、なおかつ"寄る"、という記事を書きました。 居酒屋で料理の写真を撮るコツは露出補正と寄りが9割 - Rocketboy Digital 露出補正 +0.7(+2/3) 寄る! 酔っ…

日本酒には白湯(さゆ)のススメ

やっぱり日本酒が好きです。コスパさえ考えなくていいのであれば、おそらく毎日、日本酒を飲んでしまう感じがします。 この日はビールで乾杯した後は、日本酒、日本酒、日本酒でした(嬉)こちらから女将に「なにか純米でいいのがあれば・・・」「うちはすべ…

せんべろ酒場のススメ、そして王道、そして流儀

皆さんは「せんべろ酒場」には、行ったことがありますでしょうか?「せんべろ」、つまり「1000べろ」。1000円でべろべろになれる酒場、それを「せんべろ酒場」と言いますが、さすがに1000円でべろべろというのは少し無理があります。 せんべろの定義ですが、…

北浦和の焼き鳥屋「一也」でちょっと変態レンズ PENTAX 07 MOUNT SHIELD LENS で撮影してみました

PENTAXのデジタル一眼 Q, Q10, Q7。そのQマウント用の交換レンズとして「PENTAX 07 MOUNT SHIELD LENS」が発売されました。発表によると「トイカメラのような描写を手軽に楽しめるユニークレンズシリーズ第四弾」とのことです。 Q に装着するとこんな感じに…

太田和彦さん流「居酒屋五カ条」から学ぶ「居酒屋学」

太田和彦さんといえばグラフィックデザイナーであり、居酒屋探訪家であります。私も太田さんウォッチャーでありまして、数々の著作本や居酒屋紀行番組等を追いかけております。1990年に「居酒屋大全」を上梓された後、「精選東京の居酒屋」、「ニッポン居酒…

居酒屋で料理の写真を撮るコツは露出補正と寄りが9割

日経WOMANのこの記事に460以上ものブクマがつくのですね(棒読み)「食べたい!」と言われる写真の撮り方:日経ウーマンオンライン【スマートフォン120%活用術】上記記事の場合、「レフ板、持ちあるくんかい!」っていうツッコミがデフォだと思っていたので…

居酒屋で店主や板長さんが明らかに困惑するコトバ「どっちがオススメ?」「おまかせで!」

なぜ地元の居酒屋で飲むのか週2, 3回は地元の居酒屋で飲んでます。 「会社から最寄り駅まで帰ってきているのに、なんでそのまま家に帰らないで、一人で居酒屋なんかに入るの?」という非常に答えづらい質問を投げかけてくる女性の方々が結構いらっしゃいます…

居酒屋で一人飲みから生まれる縁

木曜日はなんとなく帰りに一人で居酒屋に入りたくなります。あと一日、明日頑張れば、という微妙な達成感を理由に今夜も一人飲みです。 浦和 料理・酒 おがわ いつもの浦和「料理・酒 おがわ」に入ると、他の居酒屋で知り合った方が先にいらっしゃっていて、…

今夜も一人飲み。居酒屋は火曜日と木曜日がマッタリできてオススメです。

この日も一人飲みでした。なんとなく火曜日と木曜日はひとり居酒屋が多いのです。 小雨降る中、暖簾(のれん)をくぐり、まずは生ビール、そして晩酌セットで、お刺身を頂きます。 浦和の「料理・酒 おがわ」では、木曜日に「比内地鶏のレバ刺し」が1人前だ…